Splendore

発達障害周辺の女の子の身だしなみマナー療育を行っています


テーマ:

性教育の講習を受けました。

備忘録として・・。

 

私は「同意があれば性交渉はOK」の考え方が好きではありません。

あまりにも性的欲求を満たしたい側に偏っているとしか思えないからです。

私は性の同意・・ではなく相手を尊重する気持や、相手にリスクを可能な限り負わせない、相手を大切に思う気持ちが必要に思います。

妊娠出産のリスクはどうしても生物学的に身体が女性である側が大きくなります。

その女性のリスクに対してどれだけの配慮がなされているのか?行為に対しての責任能力があるのか?

何でもですが、権利を主張する前に責任能力があるかどうか?そしてその責任を取る気持ちがあるのかどうか?

片側だけのリスクが大きくないか?将来的に相手が傷つかないだろうか・・?

「あの時はあった・・でも今は無い」で逃げられる・・等、性的欲求に負けてしまうようでは「同意」にはならないのではないでしょうか?なぜなら相手に対しての思いやりや尊敬の念が感じられ無いから。大切に思っている相手を傷つける。

ジェンダー教育が盛んになり、やっと「女性の心を持つ男性」や「男性の心を持つ女性」が当たり前に認められる社会に、「性の同意」だけで行われる生交渉は傷つく誰かを増やすだけです。

発達障害の性交渉は「同意」ではなく「性交渉によって傷つく誰かがいない」事。なぜなら見通しつかない彼女達には自分が傷つく事はイメージ出来ないから。

 

ジェンダーが認められる今こそ性の処理は「誰も傷つけない、傷つかない」




 

藤原 美保さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。