12月20日、この日は奇兵隊立ち上げの記念すべき日です。AMDA兵庫およびAMDAネパールこども病院を支える有志が集まってできた奇兵隊も、今年で5才の誕生日を迎えました。もう、あれから5年も経つんですねー。よくぞまあ、長く続いているものだなあ、と感心しますが。


といっても、このブログでは未だ奇兵隊の立ち上げやメンバーの話に行ってないので、何の事?と思われている方も多いでしょう。そのうち、話が進むとわかりますのでもう暫くご辛抱下さいね。


で、どうして誕生日の話になったかと言いますと、奇兵隊と、福祉苑リーベの会にとって、誕生日プレゼント?クリスマスプレゼント?と言ってもいいような、いい話がありまして。


それは、あの天下のオリックス様が、パン工場なないろのパンと高麗人参果実搾り の応援にまわって下さる事になりました!


来年、オリックス・バッファローズ の本拠地、スカイマークスタジアム での試合で、パンと高麗人参果実搾り を販売させて頂けることになりました。


オリックス といえば、先日記事にしましたように、阪神大震災の後、「がんばろうKOBE」を旗印に、先日亡くなられた仰木監督の元、イチロー選手を中心に2度のリーグ優勝を成し遂げ、また2年目には日本一にも輝き、震災に傷ついた神戸の人々を癒して下さいました。


今回の高麗人参果実搾 も、阪神大震災の時に、日本中、世界中の多くの人々に助けて頂いたお礼をしようとできあがった、AMDAネパールこども病院を支援する目的で企画したものなので、その趣旨にご賛同頂けたということです。こんな小さな有志の会に、このような大手の会社が、気持ちよく手を差し伸べて下さることは、奇跡に近いと思います。それだけに、オリックスという会社は、すばらしい気持ちのこもった会社なのだと思います。


惜しむらくは、みんなに愛された仰木監督が帰らぬ人になってしまったことですが、来年は、選手の皆様が、仰木監督の遺志を胸に、活躍して下さることと期待しております。ご冥福をお祈りします。


来年は、清原選手や、中村選手もオリックス・バッファローズ に入団することが決まったようですね。来年は、オリックスから目が離せませんね。今から楽しみです。


神戸のスカイマークスタジアム に試合を見に行かれたら、パン工場なないろのパンと、高麗人参果実搾り  を見つけてみて下さいね。


今日の写真、「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」
高麗人参果実搾り、13本

AD