BPIのブログ

BPIのブログ

制作のことやB.P.Iの日常日記

太陽の光は、カルシウムを吸収するために必要なビタミンDを体内で作るのにも不可欠なものです。また、幸せホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を助けるなどの効果もあります。しかし一方で、太陽光に含まれる紫外線は、肌にダメージを与えます。

顔の老化の原因の80%は日光に当たることによるものです。 紫外線にさらされたことによる肌老化の原因を「光老化」現象と言います。 深いシワやシミ、皮膚の下の毛細血管拡張症が含まれます。 このタイプの老化現象は、顔や背中、手や前腕、首や胸元など、肌の露出が多いあらゆる部分に出現します。

ですから、日焼け対策をすることが大切です。

日焼け止めクリームを塗ることで、紫外線B波と紫外線A波の両方をバランス良く防御する効果が期待されます。紫外線をブロックする効果はSPF(紫外線防御指数)で示されます。

SPF 6 =低い保護  SPF 15 =中程度の保護  SPF 30 =高い保護  SPF 50+ =非常に高い保護

紫外線からの保護のためには2時間ごとに塗り直すこと。クリームの中には、汗や水に強い耐水性・防水性機能のものもあります。

 

あなたの肌タイプと太陽光の強さから、適切なクリームを選んでください。紫外線の強さは海や山など、場所によって異なります。

 

 

ゴールデンウィーク(大型連休)とは、4月末から5月初めにかけて多くの祝日が重なった大型連休期間のことです。昭和23年に祝日法が施行されたことにより、4月29日から5月5日までの1週間に祝日が集まりました。

GWと略式に表記されることもあります。

 

ゴールデンウィークは5月の連休を表わす言葉として日本で定着しています。その由来は2つあります。1つは日本映画界の造語であるという説。もう1つはラジオの「ゴールデンタイム」からきたという説です。

「日本映画界造語」説は、1951年に現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画「自由学校」が、正月やお盆時期よりヒットしたのを期に、より多くの人に映画を見てもらおうということで作られた造語だったということです。もう1つの「ゴールデンタイム」説は、大型連休の期間が最もラジオの聴取率の高い時間帯だったため「黄金週間」といわれていましたが、インパクトに欠けることから「ゴールデンウィーク」になったという説です。どちらの説もはっきりとした確証はなく、はっきりとした由来は分かっていません。

また、以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛び石連休」という言い方がなされていましたが、1985年の祝日法の改正で5月4日が休日になってからというもの、あまりこのようには言わなくなったようです。

 

5月1日、いわゆるメーデーの開催日を祝日にすることで4月30日と5月2日に「国民の休日」が適用され、4月29日から5月5日まで7連休となる。しかし、既にある勤労感謝の日と趣旨が重複する祝日を定める意義や、メーデー自体が歴史的経緯から社会主義的である問題もあり、実現には至っていない。前者を回避するために、勤労感謝の日自体を5月1日に移動させるという案もあるが、戦前に新嘗祭の日付を祝日にした経緯があるため、主に保守派から反対論がある。金融関係者からは長期連休によって金融市場が長期間開かれないことを問題視する意見もある。また、休日にすることによるメーデー集会の参加者減少を恐れる労働組合の反対意見もあるそうです。

冬の衣類は毛玉がつきやすいですよね。

洗濯や着用時の摩擦による繊維の絡みが原因です。

手で取るのは大変な作業。

 

そこで役立つのが食器用のスポンジです。

固い面を下にし、同じ方向に向かって

やさしくこするとみるみる毛玉が取れます。

着古したようにみえて…とつい着なくなってしまうセーターも、

これで長く着られますね。

 

そのほか毛玉取り機、ハサミやカミソリでカットする方法もあります。

どちらも繊維が引っ張られて生地を傷めてしまう場合があるので、

やりすぎには注意しましょう。