BPIのブログ

BPIのブログ

制作のことやB.P.Iの日常日記

梅雨のジメジメとした空気が残る中、気温もぐんぐんと高まっていくこの時期。そこで注意をしておきたいのが、熱中症です。屋外に出ている時はもちろん、実は車の中でも熱中症や脱水症状になりやすいとご存知でしたか?屋外に比べ直射日光を受けないという安心感からか、車中の熱中症対策は疎かになりがちかもしれません。自分だけでなく家族の健康を守るために、しっかりとした対策をとっていきましょう!

車中では隠れ脱水・熱中症に要注意

▼隠れ脱水

夏に向けて暑さが増していくと、徒歩での外出を避け、車を利用する機会が多くなっていくのではないでしょうか。しかし、たとえ車の中であったとしても暑さ対策は必須。さらに、注意をしておきたいのが水分不足による脱水症状。知らない間に「隠れ脱水」になっているかもしれません。

 

輻射熱(ふくしゃねつ)を受ける車内では、ドライバーが想像しているよりはるかに水分を消費している場合が多く、さらにエアコンを使用することで車内が乾燥してしまっているため、気付いた時には極めて深刻な脱水症状に陥ってしまっている危険性があります。こうした、気付かないうちに進行してしまう脱水症状のことを俗に「隠れ脱水」と言います。

 

こうした隠れ脱水を防ぐためには、こまめな給水(利尿作用のあるコーヒーや緑茶などのカフェイン飲料は避ける)と適度な休憩が不可欠です。これは運転者だけでなく、同乗者にも同様のことがいえ、特に高齢者や子どもには注意を払う必要があります。

▼熱中症

運転中であれば、エアコンが効いていれば熱中症にかかる心配は少ないですが、問題は運転をしていない間です。真夏の炎天下で、エンジンを切った状態の車内温度は50℃以上にまで上昇するといわれています。

買い物をするため、僅かな時間だからと車の中に残した子どもが熱中症で亡くなってしまうという悲しいニュースが毎年のように報じられていますが、車内温度はエアコンを切ると急激な速度で上昇していくということは、しっかりと理解しておかなければいけません。

 

 

外出先で汚れがついてしまった場合の

応急処置をご紹介します。

水に溶けやすいシミ

しょうゆ・お茶・コーヒーなどの場合

 

ティッシュペーパーに水をつけ、シミを軽く濡らします。

 

シミの裏側にハンカチをあて、ティッシュか乾いたハンカチでシミを押さえるように移し取ります。

 

ゴシゴシこすってしまうと、シミが広がって落ちにくくなるので注意しましょう。

 

厚手の生地の場合は、シミが中に入らないよう、たたかず、汚れをつまみ取るようにしましょう。

 

これを繰り返し、最後に乾いたティッシュで水分をよくとり、自然乾燥させましょう。

油を含んでいるシミ

チョコ・ドレッシング・口紅などの場合

 

ティッシュで軽くつまみ、できるだけ油分を移し取ります。

 

シミの裏側にティッシュかハンカチを当て、別のティッシュにハンドソープを少量つけ、シミになじませて移し取ります。

 

ゴシゴシこすってしまうと、シミが広がって落ちにくくなるので注意しましょう。

 

水を含ませたティッシュで石けん成分が残らないように繰り返し落とします。

 

最後に乾いたティッシュなどで水分をよく取りましょう。

 

 

お盆に用意する精霊棚お盆は仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、太陰暦(旧暦)では、715日(または815日)に行われる夏の御霊祭です。

 

現在では、お盆の期間は13日から16日までのところが多いようです。

仏教では、お釈迦様のお弟子様である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったことからはじめられたもので、仏様や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などをする行事なのです。

また、お盆の歴史は古く、日本行われたのは、朝廷の時代で推古天皇(606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。

その後、お盆行事は武家・貴族・僧侶・など宮廷の上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、又、ローソクが大量生産によって安価に入手できるようになってから提灯がお盆にも広く用いられるようになりました。

 

 

お盆のお供え物(茄子や胡瓜)について

お盆に用意する精霊馬、茄子や胡瓜実際には、最初に精霊棚又は盆棚とも言われる棚に、位牌を安置し、お供えをします。

 茄子で作った牛や胡瓜の馬が備えてあるのをよく見かけるのではないでしょうか。

これは、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるもので「精霊馬(しょうりょううま)」と言われています。

お盆の期間中は飾っておきます。その後、茄子と胡瓜は食べずに川や海に流すか土に埋めるようです。ゴミとして出す際は、塩で清めて白紙に包んでから出します。

 

 

迎え盆(迎え火)・送り盆(送り火)

13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。

これを「精霊迎え」と言います。この時に霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。地方によってはお墓からの道筋に、たくさんの松明かりを灯すところもあります。

そして、16日は送り盆です。この日に、お盆の間の一緒にすごした祖先の霊を送り出すことを「精霊送り」と言います。この時に「送り火」を焚くことも広くおこなわれています。

京都の「大文字焼き」も送り火の1つなのです。

 

 

新盆(にいぼん)

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。「あらぼん・にゅうぼん・あらそんじょ・にいじょうろ・ねじょうれい」などと呼ぶこともあります。

 普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の情として自然なことでしょう。新盆には親戚や縁者から盆提灯(ぼんちょうちん)が送られます。地域によって異なりますが、何も絵柄のない白張提灯を新盆の時だけ使い、送り火で燃やしたりお寺へおさめたりする風習があるようです。

毎年のお盆には秋草模様などの入った提灯を使います。

 

 

 

お盆の由来(いわれ)

冒頭にありますが、お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。これはインドの言葉の1つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。

お盆のはじまりについては、「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。

それは、お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談しにいきました。するとお釈迦様は、「お前が多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。そこで、目連尊者はお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける715日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。

 

とう言うお話です。

それ以来(旧暦)715日は、父母や先祖報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。日本では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられいます。各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に祖先の霊が帰ってくると考えられています。

日本のお盆は、祖先の霊と一緒に過ごす大切な期間なのです。

 

 

 

盆踊り

横浜の盆踊り最近では、宗教的な色合いは薄れてきましたが、元来盆踊りは、戻ってきた精霊を慰め、送り出すために催されてきました。また、戻ってきた霊が供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表していると伝えられている地方もあります。

 

 

 

豆知識

現在では、815日を中心に、ひと月おくれの盆行事をするのが、もっとも盛んなようです。これは、明治になって新暦が採用されると、715日では、当時国民の8割を占めていた農家の人たちにとっても、もっとも忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。

それで、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖様の供養ができるようにしたわけです.