みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

2月4日に61歳になり、たくさんの方々からお祝いメッセージを頂きました。有難うございます。

今回からセカンドカーの話になります。前回書いたトヨタノアは我が家の家族の足としてフル稼働してくれました。

その間、私が仕事で車が必要になったことからセカンドカーを買うことになりました。

若い時にお世話になった中古車販売店の社長さんに軽自動車をお願いしたら、18万円という格安でダイハツミラを探してくれました。

約2年間、本当はいけないのですが銀行の車が少ない中で新規開拓だけを行うプロジェクトメンバーに選ばれていた私は、仕事で自由に動くために自分の車で営業していました。

今のようにコンプライアンスが徹底されていたら注意されていたでしょうが、当時はそこまで厳しくなかったし、幸い事故なく過ごしたので良かったです。

さすがに信頼していた方が選んでくれた車だけに故障なく走ってくれましたし、燃費も良い車でした。

それから転勤して車が必要なくなり、車検到来で廃車しました。

さらに転勤した事で単身赴任になりました。初めは単身赴任先から週末に帰るのは電車でした。

そういう生活を半年近く頑張っていましたが1週間分の食材を抱えて帰る事と、電車の時間に合わせて行動する事に疲れてしまい、新しく車を買うことにしました。

ネットで調べて見つけたのが、「ホンダトゥデイ」です。

前のオーナーが車が好きな人だったようで、タイヤも軽自動車なのに185/60/14。

ダイヤトーンのステレオが積まれていたので実車を見てすぐに購入を決めました。

その車のおかげで単身赴任先に戻るのもギリギリまで自宅で過ごすことができるようになりました。

走りも結構楽しめて好きな音楽を聴きながら、自宅と単身赴任先の往復に活躍してくれました。

次に転勤したのですが、さらに自宅から遠い支店に勤務になり、毎週の往復時間は倍近くになりました。

ある日の週末に突然、全ての警告ランプが点灯したので安全な場所に停車し、JAFに電話してレッカーでの移送をお願いしました。

実はそのまま10分も走っていたら、携帯電話では間違いなく連絡できない山の中にいたので、本当に着いていました。

ただし、レッカー代が3万円くらいかかりました(笑)。でも、山の中で途方に暮れなくて済んだのは幸いでした。

その後、次の車検前に買い替えする事になりましたが、トゥデイはなかなか楽しい車でした。

最後までご覧頂き、有難うございました。次回に続きます。