みなさん、こんばんは
このブログをご覧頂き、有難うございます。

今日、銀行の窓口でイラッとすることがあり、少し前まで私もイラッとさせていたのだと反省している、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

世界同時株安

新型コロナウィルスの影響を受けて今日は世界同時株安の状態です。ただ、私はリーマンショック後の株価水準から言えば、もっと下がっても不思議ではないし、このレベルで一喜一憂する必要はないと思っています。

含み損は

株や投資信託を保有している人は、含み損が出ている人も少なからずいると思います。ですが、含み損はあくまでも今売ったら損失が確定しますが、売らずに我慢して回復するのを待てば良い事です。

バブル崩壊直後の事ですが、私が銀行のお客様からNTT株が高い時に買ってしまい含み損が出ているのでどうしたらいいか相談されました。

その方は1株300万円台で購入していたのが、どんどん下がっていたので不安になっていました。そこで私は、まだまだ下がるかもしれないけど、安くなってから買い増しすれば自分が持つ株の平均値が下がるとアドバイスしたら安心されました。

さらにいくらくらいで買ったらいいか聞かれたので、私が思う水準をあくまでも個人的な見方として話しました。その後私は転勤したのでその方がどうされたかは知らなかったですが、近くに用事があった時に立ち寄ったところ、私のアドバイス通りに買い増しして結局は損を出すどころかかえって利益が出たと感謝されました。

自分なりの目安を

楽観的なことばかりではいけませんが、下がるとしても価値がゼロになる事は少ないので上がるまで待てば良いし、もし余裕ある方は自分なりの目安を持てるのだったら、その時に買い増しすれば良いのです。ただし、あくまでも自己責任ですが。

明けない夜はないので、焦らず、風評などに振り回されずに自分で決めて行動しましょう。自分で決めた事なら自分の責任として割り切れると思いますが、周りに振り回されたのなら腹も立つでしょうが、それはそういう選択をした自分の責任なのです。

「急いては事を仕損じる」そういうことわざがあります。私はかなりせっかちな性格で、結構直感で判断しますが自分で選んだことの結果は後悔はしません。あくまでも自分で選んだ事ですから・・・。

最後までご覧頂き、有難うございました。