みなさん、こんばんは

先週、かなり長引いた風邪が完璧に治ったら、やたらと元気になってあと50年は生きられるかもと思っている(笑)、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

このところ、ほとんど休みがない状態が続いているので「今日は何曜日?」と思う毎日ですが、何曜日であっても先ずは目の前の事に出来る限りの事をするしかないです。なので仕事はしっかり頑張ります。

このような状態でも不思議と心身共に充実しているなぁと感じられるのは、今の仕事は自分でやると決めて自己責任で始めたものだし、全てにおいて自分が満足できる結果が出る事はないと思っているからです。

私ももうすぐ還暦になる位に生きてきたので、人生は上手く行くこともあれば、逆の場合がありますし、実際には上手く行く方が少ないと思います。

水戸黄門の主題歌にあるように、「人生楽ありゃ苦もあるさ〜」で、精一杯頑張ってもできないことがたくさんあり、そんなに頑張っていない事はあっさりと解決することもあります。

要するに何が言いたいかと言えば、結果にこだわるのは必要であるがそれに引きずられないようにすれば良いのです。

プロ野球選手は3割打てば一流選手です。私のような普通のレベルでは1割でも充分かもしれません。先ずは自分のレベルで精一杯で頑張って、悔いが残らないようにして行きます。

約60年生きてきて、今更ながら気づいた感じです。私のビジョンは明確だけど、それを実現するには上手くいかないことをたくさん経験して、自分を高めるしか方法は無いのでやるしかありません。

人生の楽を楽しみながら、苦も受け入れて進んでいて諦めなければいい結果が待ってくれていると、勝手に思ってます。先ずは明日は明日の仕事に頑張ります。

最後までご覧頂き、有難うございました。