あなたが生きてきた人生は、もしかすると苦しいことばかりだったかもしれません。

あなたは友達から無視をされたり、暴力を振るわれて痛い思いをしてなんでこんなに辛い思いをしてまで生きている必要があるのかと思っていたかもしれません。

ある人は親から虐待を受けて、児童相談所に保護されてから施設で育てて貰い今がある人もいるかもしれません。

また、ある人はどんな仕事についても上手くいかずに周りの人から迷惑がられていると感じて、止むを得ず会社を辞めてしまったかもしれません。

これらの人々は本当に辛く、生きているのが苦しいと思います。でも、あなたは今命があるのは何故でしょう?

友達から無視をされても、家に帰るとお母さんが美味しい料理を作ってくれていたことは無かったですか?

親から虐待を受けて、だれも信じられなくなっていたあなたを仕事とは言え、大事に育ててくれた施設の方はいなかったですか?

仕事で失敗ばかりして転職を繰り返した職場の中に、あなたのミスをかばってくれた人はいなかったですか?

今のあなたは本当に辛く、苦しいことばかりだったかもしれません。でも、あなたは今、命があります。多分明日も生きていると思います。

今命があるのは、あなたは気づかなかったかもしれないけど、あなたを支え、守ってくれ、味方になってくれた人がいたのではないでしょうか?

馬や牛は生まれてすぐに立ち上がり、自ら母乳を飲みに行きますが、人間は生まれてから約1年は立てなくて歩けません。自ら母乳を飲みに行くことはできません。

そんな生き物である人間のあなたが今命があるのは、あなたを支え、守ってくれた人がいたからではないでしょうか?

あなたの命があるのは、あなた一人で今に至っているのではありません。あなたの人生は辛く、苦しいことばかりかもしれませんが、あなたが気づいていない多くの人達がいたからなのではないでしょうか?

もしかすると、そうやって守ってくれていた親から虐待されたかもしれません。でも、虐待するまでは大切にしてくれていたのかもしれません。

今日、とても悲しい事件の裁判の判決がありました。我が子を虐待する夫を恐れて我が子を守れずに、我が身を守るために虐待に加担もしたかもしれない母親が執行猶予付きの判決が下りました。

失ってしまった我が子は戻ってはきませんが、その母親だった人の命はまだまだ続くのです。これからの人生は辛く、苦しいことだと思いますが、あなたの人生には今まであなたを愛し、支えてくれた人がいたから生きていると思います。

生きるのが辛く、苦しい人の誰もがあなたが生きてきたのはあなたを愛してくれた人がいたからだと思います。

あなたの人生にはあなたを愛してくれた人がいたからだと私は思います。とは言っても、その恩を返さないといけないとは思いません。あなたにできるのは、そのように愛してくれた人に頂いた命を大切に生きることだと思います。