東京湾太刀魚ゲーム | ボーズレススタッフの釣行ブログ

ボーズレススタッフの釣行ブログ

タングステン製メタルジグのTGノブナガ、TGヒデヨシ、TGイエヤスを中心に全国津々浦々、旬のターゲットを追い続けるBOZLESのスタッフによる釣行ブログ。新商品の開発状況なども随時掲載します。

TEAM BOZLES松岡さんから釣果レポートをいただきました。


夏の東京湾で人気ターゲットのタチウオ。
数日前に仲間が20m前後の浅場で良い釣りをしてきたので期待していたのですが、当日の2~3日前に深場に落ち込んでしまい釣果がダウン
しかし、いきなり好転することもあるタチウオゲーム。期待を込めて7月6日に川崎・中山丸さんからジギングで出撃してきました

1時間ほど走りポイントに到着すると

やはり水深は深く100m付近。今、群れを下げている原因の1つは、 シマガツオ(エチオピア)の猛襲です
徐々に反応が落ち始めて、150m~180mなんてことも...この魚は引きが強く楽しめるターゲットであるので、HIDEYOSHI 140gで狙ってみました。

これがタチウオの群れをかき乱しているシマガツオ。 同行した友人も釣ってみたいということなので、 HIDEYOSHIで釣ってもらうと...

その後、水深が深く釣りにならないので、クルージングで反応を探すも不発。 悔しいまま帰港となりました。 当日はエサ釣り数名を除き、ジギング班は残念ながらタチウオをゲット出来ず船中0匹でした。 他の東京湾ルアー船も壊滅的な結果に... これはリベンジをするしかない そこで、台風8号が通過した7月13日に出撃してきました。 シケ後の荒喰いを期待しつつ出船

すると無線で通常のタチウオエリアの1/3程度の距離である 中ノ瀬エリアで高反応という嬉しい1報が入りテンションが上がる 船団も固まり期待が高まります

水深は30m。反応は15mより上。 NOBUNAGA100gを付けてキャストして広範囲に探ると 1投目からヒット。先週はなんだったんだ(笑) サイズはネクタイサイズと小ぶりが多い中で連発。少しウエイトが重いので、HIDEYOSHI プロト60gをチョイス。

アカキンとケイムラシルバーをローテーションしながら 軽くキャストしての斜め引きと直下型で狙い30本超え。 全員ゲットしたので、サイズを求めて移動。 次は水深50mのエリア。 パラパラ反応なので連発はありませんでしたが、 船中でメーターオーバーも上がり盛り上がります。 HIDEYOSHI 120gを使用して指4本サイズを追加。

その後、浅場に戻り10本ほど追加して終了。 サイズが小さいものはリリースし、針掛かりによって リリースが難しい魚は持ち帰りました。 結果、キープ30本・リリース10本以上と爆釣で終了することができました。

目視したベイトが小さかったので 特にHIDEYOSHI 60gがハマりました。 これから来月までトップシーズンに突入する 東京湾タチウオゲーム。 ぜひ行かれてみてはどうでしょうか 松岡さんレポートありがとうございました。     つまり、釣れる ☆ BOZLES ☆

                       
     
  ランキング参加中 ご協力お願いします