5月に予定しておりました、「ぱ・ど・かとる」公演は、新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止とすることにいたしました。

現状では無期延期ですが、公演の実現を目指し続けていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

2011年に「公園にて」を上演したのが、SPACE雑遊ですが、

雑遊は、同じ建物の1階に今年新しく出来た劇場です。1階なので、階段を使う必要がなく、こじんまりとした劇場です。

ホームページはこちら

 

ぼっくすおふぃす・プロデュースVol.27

ぱ・ど・かとる

作・演出 神品正子

5月26日~31日

雑遊

出演:市橋朝子(タテヨコ企画)

    今村祥佳(演劇集団円)

     神近梨子

     松木美路子

 

情報、少しずつ公開いたします。

お陰様で、公演は無事に終了いたしました。

ご来場、ありがとうございました。

 

「雪の果」上演時間は、

約1時間30分

途中休憩はございません。

小屋入りして、少し変更があるかもしれません。

何卒ご了承ください。

今日は2月26日ですので、総理大臣官邸に行ってみました。

今から83年前の今日、二・二六事件が起こった場所だからです。

といいますのは、今回の作品「雪の果」は、二・二六事件を題材にしたものなのです。

というわけで、実際の現場に行ってみたわけですが、あたり前ですが、今は厳重警備されているので、とても近づくわけにはいきません。

近くで立ち止まっているだけで、警官に声をかけられるくらいです。

83年前の今日は雪が降っていたそうですが、今日はほぼ快晴。春が近づいている感じがするくらいで、この83年で気象も変化しているのがわかります。

変らないのは、そこが今でも政治の中枢だということと、警備の警官が案外のんびりしていることでしょうか。