災害が発生し、被害としては影響するのは、経済です。この災害で理由で、被災地訪問を控えることが地元経済を縮小要因にもなることにも繋がることにもなります。

 

ブログランキングに参加しています。

まずは↓のほうのクリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング

消費もレジャーも被災地支援だ 自粛が引き起こす2次被害…災害の政治利用こそが不謹慎 

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180718/soc1807180004-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc

 

(前略)

 

経済的な支援として義援金やふるさと納税のほか、通常の消費やレジャーなど経済活動を営むことなどがある。さらに、ボランティアによる被災地での復興活動もある。どれでも個人の自由であるので、できるものをやればいい。

 まずいのは、各種の活動の自粛である。当面、被災地への旅行などができないのはやむを得ないが、被災地での活動が平常に戻ったら、延期していた旅行を実施したらいい。

 旅行そのものを取りやめてしまうと、経済活動が萎縮して、経済的にはいわゆる「2次被害」になる。

 自然災害でダメージを受けているのに、さらに経済的にもダメージを受けることになってしまうのだ。

 被災地とは関係ないところでの自粛も、まさに経済的な2次被害である。しばしば、「不謹慎」という口実によって、被災地以外で各種の宴会を自粛する向きもあるが、それなどはまさにその典型である。

 本当に不謹慎なのは、自然災害を政治利用する人たちである。被災地以外で生活する一般国民としては、できるだけ平常に過ごすことがいいのではないだろうか。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

 

 

被災地への旅行ができない理由としては、土砂災害での道路や鉄道などのインフラの崩壊でいけないのはやむ負えないのですが、

よくないのが旅行や買い物に行くことができるが、行かない理由の一つとしてあげられるのが風評被害です。

 

何より災害の風評被害に長く影響しているのが原発事故の被災地である福島県です。

 

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3979/index.html

 

「安全なのに売れない」 “風評被害”新たな実態

世界で最も厳しいと言われる安全検査を受け続ける、福島の米。毎年、1,000万袋を超える米の全量全袋検査を実施してきました。その結果、2015年以来、基準値を超えるものは一切出ていません。

「福島のおいしいお米いかがですか。」

 

安全性を確認した米を食べてもらおうと、県は全国各地で販売促進イベントを開催。国内にとどまらず、海外でも安全性をアピールしてきました。

「うまい。」

福島県農林水産部 農作物流通課 鈴木秀明課長
「今年は流通消費段階で、県産品のPR活動に23億円。(震災前は)非常に高い評価を受けていたのは間違いありませんので、今も品質は高い。それをアピールしていく。」

しかし、原発事故から6年が経過してもなお、生産現場では風評被害に苦しむ姿がありました。
福島市で農業を営む、大友伸夫さんです。20年前、勤めていた会社を辞め、米作りを始めました。肥料や栽培法にこだわった米は全て直接、消費者に届ける独自販売で売っていました。しかし、原発事故により、取り引きの7割を一気に失ってしまいます。販路を広げようと参加した県外のイベントでは、原発事故の影響の大きさを痛感したといいます

 

(後略)

 

福島県産の米などの商品を販売する際には、売れるために、企業がキャッチフレーズを考えて、消費者に販売しているのが実態ですが、

台湾では今もなお、福島県産を中心に輸入規制がされているのが実態です。

 

 

いくら地元福島県産のものが安心であっても、県外の場合は、間違った風評被害に流されています。

だが、福島県の原発事故で、実質死者が出ておらず、放射能で癌に至っていないのが実態でございます。

 

 

そもそも、福島県の原発事故はチェルノブイリとは違い、水素爆発しただけで、健康被害が起きたわけではございません。

 

 

しかし、脱原発を利用した政治利用が放射能が怖いだから、現地の食品、商品は怖いという被害に結び付いてしまっていることになっておりますので、

 

この間違った風評が地元経済にも悪影響を及ぼしていることにもつがなっております。

 

 

だからこそ、テレビや新聞、ネットなど素人の間違ったデマなどに流されずに、消費をすることが地元の収入になり、それが経済の活性化の源になることを理解して、

 

買い控えや自粛は絶対にやめてほしいと思います。

 

 

僕の意見を最後までお読みいただきありがとうございました。

僕の意見を読んで、

 

 

素人の間違った風評での買い控えや自粛は辞めるべきであると思われた方は↓このリンクをクリックを!


社会・政治問題ランキング