トランプ大統領が自国の安全保障と生産者保護のために鉄鋼に25%とアルミニウムに10%の関税をかけることを発表しました。

 

ブログランキングに参加しています。

まずは↓のほうのクリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング

鉄鋼10%、アルミ25% トランプ大統領が関税を決定

http://www.sankei.com/world/news/180309/wor1803090075-n1.html

 

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は8日、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を正式決定した。輸入増から米国の生産者を守ることが安全保障上の利益になるとし、23日から鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課す。カナダとメキシコからの輸入は「特例」として適用外。日本など他の同盟国については今後の協議で判断する。中国や欧州連合(EU)は強く反発しており、深刻な貿易摩擦に発展する恐れがある。

 トランプ氏は8日、ホワイトハウスで輸入制限の指示文書に署名。「強固な鉄鋼・アルミ産業は米国の国家安全保障にとって死活問題だ」と述べた。今回の輸入制限は安保上の脅威を根拠に一方的な対抗措置を取れると定めた米通商拡大法232条に基づく措置で、リビア産原油の輸入を禁じた1982年以来、約36年ぶりの発動となる。

 トランプ政権は輸入制限に際し、海外製品の大量流入が米国の工場の稼働率低下を招き、企業の体力が弱まって、軍用品向けの製品供給に悪影響を与えかねないと認定した。カナダとメキシコを適用外としたのは北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を進めているため。他の国・地域については安保上の考慮や経済的利益を踏まえて交渉し、適用免除の是非を判断する。

 日本の世耕弘成経済産業相は10日にブリュッセルで、EU欧州委員会のマルムストローム欧州委員(通商担当)とともにライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との会合を持つ。

 

image

 

経済のグローバル化が進んでいる中で、消費者はできるだけ安い製品を求める点では、海外の安い製品を買う者が多いですが、

その海外の安い製品が価格が高い製品を売る国内産業に打撃を与えますし、

 

 

その上、製品が売れなくなると、企業が生産数を減らす点で工場の稼働率が減らさざる負えなくなり、失業者も発生することにつながります。

 

 

トランプ大統領が安全保障上の理由で鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税をかけたことについては、

コストが安い海外製品だと、消費者の安全について考えていないことがあり、

 

 

特に軍事産業だと、使用されている部品に強度不足の欠陥が発生した状態があった場合は、

戦闘ヘリだと、途中で、落下事故や部品の落下が起こり、死傷者を出すことにつながります。

 

 

海外製品として過去に起きた事件と言えば、10年前に起きた支那から輸入したメタミドホス入りの餃子での食中毒が話題になりました。

 

 

安い海外製品はグローバル企業が自社の利益を優先して、できるだけ安いコストを優先して、消費者の安全を無視して、生産されますし、

自国の雇用さえも奪うことにもつながります。

 

 

実際に、日本では、オレンジの自由化の影響で、安い海外産のものに競争で敗れ、生産をやめたところがありますので、

 

 

政府は行き過ぎた自由貿易が国内産業にダメージを与えるだけでなく、消費者の安全を危険にさらしていることを認識すべきです。

 

 

僕の意見を最後までお読みいただきありがとうございました。

僕の意見を読んで、

 

政府は行き過ぎた自由貿易を見直し、保護貿易に転換していくべきだと思われた方は↓このリンクをクリックを!


社会・政治問題ランキング