いまだ現役?シリモンコンの半生という記事がありました | らんぶるライフ

らんぶるライフ

yahooブログ終了の為、こちらに引っ越しします。
元ボクサー&トレーナーの日常&ボクシングについて書いてます。

 

 

 三浦勝夫さんの記事、辰吉と戦った元王者シリーズになってますね、第三弾はシリモンコン!

 

ダニエル・サラゴサへのインタビュー記事がありました!

ビクトル・ラバナレスの今という記事が出てました…

 

 辰吉とやったときはナコントンパークビューという長~い名前でした。

 Sフェザー級王者になってヘスス・チャベスと戦ったころは確かシンワンチャーだったと思います。

 本名はシリモンコン・ランチュオムらしいです。

 

 辰吉とやる前、ホセ・ルイス・ブエノ、ビクトル・ラバナレスとやって圧勝、無敗のエリートで華のある男前。

 辰吉は勝てるわけないと思われてました…

 まぁ、バンタム級ですがタイのいい加減な軽量でごまかしてた疑惑もありますが(笑)

 ホセ・ルイス・ブエノとメキシコで再会したときにブエノは

 「あいつは絶対落としてない!」

 と怒ってました(笑)

 まぁそれは置いといて本当に無敵感がすごかった、だからこそ辰吉が勝ったのが感動だったんですが。

 

 辰吉に負けた後いきなりウェイトをスーパーフェザー級まで上げた。

 いきなり3階級UPは驚いたなぁ~

 で、日本で長嶋健吾と王座決定戦を行い何もさせずに2ラウンドKO勝!

 本当にびっくりしました。

 シリモンコンが勝ったのはうれしかったけど長嶋健吾のトレーナーは田中繊大さんがついてたんでちょっと複雑でした…

 まぁ指名挑戦者のヘスス・チャベスとアメリカで戦った時はかなりビビってたらしいけど(笑)

 案の定、そういうハートの弱さがもろに出て判定負けで王座陥落…

 

 まだこのころはアジア人で三階級制覇王者が居なかったんでシリモンコンがアジア初の三階級制覇王者になるか?って思ってたんですが、パッキャオが出てきて持っていかれちゃいましたね。

 まぁシリモンコン、覚せい剤で捕まって試合できなかったしね…

 刑務所に入りながら試合とかしてたけど。

 今は出所して頑張ってますがもうメジャータイトルには縁はないんでしょうか?

 

 辰吉戦の時、めちゃくちゃでかく見えたんですが実際会ってみると165cmの自分より少し大きいくらいで170cmあるかないかぐらいだったのはびっくりしました。

 愛想もよくにこやかでちょっと軽い感じのやんちゃ小僧って感じでした(笑)

 

タノムサク、サマン、自分、シリモンコン、元世界ランカーのトレーナーポンサンさん

 

 

タイ修行時の写真

 

 

                         ソムサック戦の次の日にチタラダジムに遊びに行ったときの写真

                             顔がちょっと腫れてるのと額の傷が痛々しい…