京口紘人、WBO王者エルウィン・ソトと統一戦か? | らんぶるライフ
新型コロナウイルスに関する情報について

らんぶるライフ

yahooブログ終了の為、こちらに引っ越しします。
元ボクサー&トレーナーの日常&ボクシングについて書いてます。

 

 

 京口選手、無敗のまま二階級制覇、海外防衛と順調にキャリアを重ねてますなぁ。

 二階級制覇、海外防衛とくれば次は統一戦です!

 コロナでの防衛戦中止は痛かったけどボクサーとしてのキャリアには影響はないしこのまま快進撃を続けて欲しいです。

 

 では、対戦の可能性が出てきたエルウィン・ソトをちょろっと紹介します。

 

WBO、ライト・フライ級王者、エルウィン・ソト(メキシコ)

19戦 18勝(12KO) 1敗

  11戦目に元IBFミニマム級王者、マリオ・ロドリゲスを8回判定勝ちを収め、16戦目にWBOライト・フライ級王者、アンヘル・アコスタに挑戦、12回KO勝ちで勝利し世界王者に。

 このタイトルをエドワルド・ヘノを下し初防衛、ノンタイトルでハビエル・アレハンドロ・レンドンを下した後、カルロス・ブイトラゴ二判定勝ちして二度目の防衛を果たしている。