水に1滴でも墨汁が入ると色がついてしまう話です | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日々


おはようございます

朝フェイスブックを開けると下記の記事が飛び込んで来ました


「房仙先生は、どの子にも惜しみなく愛情を注いでいます。

その様子は、見ている私にもすぐ分かりました。

 

ひいきも 分け隔ても無し。

 

先生が、子供たちのそれぞれの個性を尊重し愛しているからだと思います。

 

硬筆、毛筆とレッスンが進むにつれ、

「先生、書いたの、見て」「先生、僕の話を聞いて」とそこかしこから声が上がります。

 

先生は「ちょっと待っていてね、順番に回るからね」と

必ず声をかけ、その通りにします。」



続きはこちらを読んでください


https://www.facebook.com/100003017803608/posts/2422893751154528?sfns=mo



全く美保ちゃんが書いてくれていて

今日皆様に紹介したい内容とかけ離れていると思う

あなたは、まだ房仙の事を知りません



房仙流書道には

人生の究極の生き方が随所にある

と言う事を知って欲しく

あえて書き加えました


こちらも御読みください

赤字にしたところは、記憶しながら読んでください


美保さん

1月5日FB投稿

ブログ『★2020年新春房仙会まつりin大阪★』

 

今日は、房仙会大阪校初主催のイベント

【2020年新春房仙会まつりin大阪】でした。

 

福田房仙先生、光孝先生のお力と大阪校メンバーはもとより、房仙会の他校の方も駆けつけてくださり、皆様のご協力のお陰で無事に開催できました。

 

2019年1月5日に、房仙会東京校にて新春房仙会まつりが行われました。

その席で、「来年は大阪校ね(^^)」と先生のお話。

えぇっ!!!(@_@)

つ、ついに大阪で!!(>_<)

 

あれはいつのことだったでしょうか…

4年前に米子校が初房仙会移動展をされた時だったでしょうか。

「大阪でもイベントをやろうね」

と先生が仰いました。

 

こ、これは何をどうするか分からないとできない!と思いました。

その頃は書のイベントや書展のことを今よりわかっておらず、ましてや房仙先生がイベントで何を大切にされているかも分かっていませんでした。

 

全国いのちの食育書道展、

房仙会社中展、

米子校の移動展、

広島大聖院での折り鶴のお焚き上げ揮毫、

米沢での雪上揮毫、

東京の新春房仙会まつり

…房仙会の一員として参加させていただきながら、学ばせていただきました。

 

その間、もう一度くらい、「大阪はやらないの?」と先生が仰ったかと思います。

そしてとうとう「2020年1月5日にやるのよ(^^)」と一年前に決定されました

 

2019年は、何度か大阪校で打ち合わせをし、準備し、とうとう今日の開催となりました!

 

朝から皆んなで作品展示など準備をし、午後から開場です。

 

(入り口では、先生の書かれた「寿」の凧がお客様をお出迎え)

(会場内でも凧がたくさん!読めない文字はこっそり光孝先生に教わりました…(≧∀≦)

 

イベントでは、書の体験コーナーを設け、ご来場の方に書いて頂いたり、房仙会の生徒が手を取らせて頂いたり…。

いつも教わるばかりで、いざ人に書き方をご説明しようとしても、簡単にはできません。

人に説明し、理解してもらうことの難しさを私達は学ばせて頂きました。

(体験コーナー)
 

 

 

メインイベントは、房仙先生の揮毫です。(^^)

大阪での房仙先生の揮毫が8年ぶり?!

なんとまぁ!(@_@)  貴重です。

 

仏智という言葉から思うこと、源となるもの、水の流れや濁りなど言葉は難しくないけれど、日々の過ごし方を見直したくなる深いお話をなさりながらの揮毫は、皆さんの心に響いたことと思いました。

 

そして先生から先生が書かれたミニ凧の来場者へのプレゼントが!

私の友人の旦那さんがジャンケンで勝ち、一つ頂戴しました。喜ばれていました。

先生ありがとうございます。

 

その後、あっという間に片付けて、2時間だけのイベントが終わりました。

会場の担当の方が、その日に展示して、その日に終わる会は初めてですと驚き、普段はお手伝いしないのだけどと仰りながら、お力を貸してくださいました。

ありがとうございます。

 

その後、懇親会を行い、皆さんで順に今日の感想やお稽古や房仙会への思いを語り、東京校の平沼広行さんと大阪校の岡田理津子さんの伴奏で房仙先生作詞の「房仙会の歌」を全員で楽しく歌ったり、彼の歌を大阪で初披露してもらいました。

(菊地香奈子さん撮影、ありがとうございます)

 

房仙先生作詞、折重由美子さん作曲

「房仙会の歌」

https://www.youtube.com/watch?v=f3t6Ngm1RO4

 

先生のご尽力と皆さんのご協力で初開催ができました。

誠にありがとうございます。

反省点、改善点は、今後に活かして参ります。

 

夜行バスや始発列車で駆けつけてくださったり、車で遥々来てくださったり、房仙会各校の仲間のお気持ちに感謝致します。

私が他校にうかがった時、いつでもどこでも温かく迎えてくださいます。

大阪校はそれができていましたでしょうか。

房仙先生と皆さんとの房仙会、今日は大阪校のためにありがとうございます。

 

そしてご来場くださった皆様、未熟な所も多々あったかと思いますが、誠にありがとうございます。

 今日大阪校では

お稽古が終わった後

反省会をします


その時

赤い字にした理由がわかると、良いな💕

と思い、赤くしました


字が今以上 上手になりたい人


もっと人生好転させたい人


理解して欲しいです



説明が面倒なので少しだけ書きますね


赤い字の所を実行した人は誰⁉️


実行しなくても理解できる人もいる事も知ってください


実行した人

いない人が

一致団結できたのです


今回のイベントは、私たち房仙会の生徒にとっては

とても良いイベントになりました


大成功までは後次回に残しつつ

成功としておきましょう❤️


みんなありがとうございます