食養道学院 来年度を予告!聴きたい!と妻が思う「食養の会」が開催されました! | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常

2020年度の

三島食養講座スケジュールが発表されました

 

ご予定にいれてください

 

食養道学院長 福田光孝板書より

 

2020年2月24日

      3月20日

      5月24日

     9月6日

      10月25日

  12月6日  食養の会 
どうぞ      メモくださいませ

会場は商工会議所会議室

13時半から(多分)

 

 

12月1日に今年最後の講座

「食養の会」が開催されました

 

年に一度最後の講座はお得感が溢れます

 

有里佳講師がお菓子を作ってくれたり

主人の手作りの○○入りプリン

○○入りドリンク
お汁粉

コーヒーが今年は参加者に振る舞われました

 

好評でホッビックリマーク(裏方といっても当日のみの参加ゆえ)

 

 

広も歌も会に華を添えてくれました

みんな大喜びでしたドキドキ

その上ブログも上手くまとめてくれました

ご覧ください

 

平沼広行さん

ブログ「表現は、限りなく広い だからこそ」

コミュニケーションの中で

人に想いを伝えたい時

 

どれだけ伝わる表現ができているのか?

 

建築の仕事をする上で

お客様と打ち合わせをする時と

現場で、業者や職人とする時では

使う言葉や話し方を変える

 

年代や性別

人柄や性格、状況などを考慮して

目の前の方が理解、納得できる言葉を

常に使うように心がけている

 

職人が話をすると

ついつい専門用語を使ってしまい

聞いている相手は

ん?と言う表情になっていたりするけど

それを感じることなく

一生懸命に話してしまう方は多い

 

わかりやすい言葉

 

それは、専門な知識はなくても

わかる言葉を使って

わかるように話すことで

その人の考えや想いは

伝えることができる

 

けれど、そんなことを意識しないまま

構わずに、自分のペースで

話し続けてしまい

伝わらないことが実は多い

 

わかってもらいたくて

説明するモードになってしまい

どうして小難しい表現に

知らぬ間になってたりする?

 

ちなみに、私の苗字は、ひらぬまですが⁉️笑

 

シンプルにわかりやすく伝えるには

知識を理解し

様々な視点で解釈し

噛み砕いてわかりやすい言葉で

表現する必要がある

 

特に、食に関することは

様々情報があり

メーカーや会社が

宣伝や営業を含めた思惑もあり

 

どれが本当にいいのか?

正直、わからない

 

医療や薬も

 

本当のところはどうなんだろう?と

 

シンプルにわかりやすく伝えている人は

実は少なくて

 

エンターテイメントのように

人を楽しませて

笑わせて、喜ばせながら

ショーのように人を惹きつけながら

表現することが

できる人もいる

 

けれど、中身はなかったりする⁈

 

仮に

真面目がいいのか?

と言う訳でもなく

 

それだけでもない

 

今日、三島で行われた

食養講座は、『玄米』と言うテーマで

話をしていました

 

福田光孝先が表現する食養は

 

実にシンプルである

 

そして、熱く情熱的な

想いが込められた言葉が飛び交うのである!

 

体は食べ物でできている

 

 

それだけではない

最近では、腸内細菌やあらゆる菌

目には見えないけど

そんなものが影響力を持ち

 

脳よりも腸

 

薬よりも水

 

そして、呼吸と空気

 

いかに、体の環境を整えていくか?

 

だからこそ、何をどう食べるのか?

 

考えていく必要がある

 

そこで、玄米と言うものは

体の中にある毒素や悪いとされているものを

体の外に出してくれる作用があるらしい

 

けれど

その玄米

 

誰もが同じように食べられるものではなく

中には、消化をすることが

できない方もいるらしい

 

ならば、それを手軽に

取り入れることはできないか?と

研究し、検証して

商品を販売している方がいる

 

なかなかいいとされるものが

実はあるらしい⁈

 

うふふ…

 

それは⁈

 

詳しくは、光孝先生の講座を

ぜひ一度、お聴きください❣️

 


 

 

難しく考えれば

食べることが難しくなり

楽しくなくなる

 

食べたいものを食べ

それが、仮にジャンクな悪いものだとしても

ケアや対処する方法を知っていれば

何も問題ない

 

薬に頼ることもなく

自分の体の声を聞くことで

その答えはわかってくる⁉️

 

自分の妻を救いたい愛が

様々な知識を増やし

それを実践してきたからこそ

伝えられることがある

 

やっぱり、愛だね、愛❣️

 

今年の講座は、今日で最後でしたが

 

来年、新たな視点の話が展開されます

 

食べることが更に楽しくなる

 

福田光孝先生の活躍から

目が離せませんよ❣️

 

そんな今年最後の講座の懇親会で

歌を歌わせていただきました。

 

みんな、温かい眼差しで

優しく見守ってくれるから

心を込めて歌うことができる

そんな環境がありがたいです。

 


 

長くなりましたが

 

難しく考えずに

シンプル

食べることも意識していきましょう❣️

 

これ、案外、何よりも、大事ですよ!

 

 

 

三島を引っ張る香奈子です

ご覧ください

 

菊地香奈子さん

ブログ「食養の会、参加レポート」

2019年師走です。

ポカポカ陽気の中、

今日は食養の会に参加して参りました。

 

 

 

 

 

食養道学院・学院長の福田光孝先生から、

玄米に関する最新情報です!

 

体に良いと分かっていても

玄米が苦手だったり、

家族の好みで白米主体の食事だったり

すること、ありますよね。

 

 

そんなアナタに(私に!)

画期的な方法があったのです!

 

 

それは玄米をホニャララした商品で、

 

 

小さなタッパーに入れて携帯すれば、

外食時や旅行先でも「玄米生活」が

継続できちゃう優れもの。

 

 

ミネラルや繊維質も豊富なので、

野菜嫌いのお子さんや

腸内をキレイにしたい方にも

おススメ。

 

 

お値段も手頃です。

(ここ、ポイント高し)

三島では、心音道さんで

販売しています。

 

 

知りたい方は、心音道さんへGo.

または、食養講座へご参加くださいね。

 

 

講座に引き続き、プチ忘年会。

特製ドリンクでカンパイ。

 

 


 

 

食養士のゆりかさん手作りスイーツ。

 

 

 

スイーツを配るお手伝いは、さらちゃん。

 

 

 

 

房仙先生は、お汁粉を振舞って

くださいました。

 

(私?この写真、結構ショック まるで○○・・・・)笑おうビックリマーク

 

 

光孝先生の言葉です。

「知識を得る事が、自信になり

力になってゆく」

 

そして「やれることから

やっていこう」と愛ある言葉で

この一年の講座を締めくくりました。

 

2019年、やり始めた人の代表・ひろさん。

建設業社長のかたわら、CDデビューしました。

 

 

 

 

 

よく"元気があれば、何でもできる!"

と言いますが、

実際のところ、健康であっても

やり始めなけりゃ何も変わらないんです。

 

 

 

 

 

光孝先生、本日はありがとうございます。

 

来年の講座は2月スタート。

テーマは『ホリスティック栄養学』。

こちらもめちゃくちゃ楽しみにしております。

 

今回はこのお二人の紹介のみとさせて

いただきました

 

ほかにも書いてくれた皆様

ありがとうございました

 

娘が撮った写真を見て

この下の3枚がとてもすてきだとおもいましたので

シェアさせていただきます

 

孫との信頼関係

いいなラブラブと思いましたし

 

姉弟の信頼関係もいいですよねドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから歌ってくれるひろの前にいち早く飛んでいきました!!

 

            来年2月24日

 

お待ちしています

 

 

食養道学院 

学院長 福田光孝

https://www.facebook.com/syokuyoudo/

 

 

 

福田 房仙

★一般社団法人ここね代表理事

◆書道教室「房仙会」主宰

webページ http://www.bousen.com
FBページ @bousenkai

 

◆ 房仙書亭

webページ  http://www.kokone.jp 
FBページ   https://www.facebook.com/bousensyotei/

 

フォローしてね!

 

ペタしてね