古谷翆仙さんのブログをそのまま皆様にお届けします

 

この日(2019年7月15日)を記念に

京都の翆仙会はきっと何かが興ると信じます

 

房仙会同様

翆仙会をどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

楷書の”綾”:保護者が書きたい字を選び揮毫

行書の”綾”:房仙先生が揮毫

篆書の”糸”:綾の糸偏を揮毫

篆書の”楽”:糸よりもたくさん丸が繋がる

会場中、みんなで手を繋ぎ

”ありがとう”の言葉で繋がる

 

 

最初はどのようにして

緊張している心を解放し

話が出来るようにするのか?

迷う暇無く 質問して書きました

 

「綾」がいとへんが入っていたので
たのしいにすすめ みんなの笑顔が次第に増え

ほっとしました

楽しいを揮毫

こんなに真剣にみてくれていたのですね

嬉しいです

みんなで手を繋ぎ、輪となり”ありがとう”の言葉を叫ぶ

 

どこでもやることですが

手をつなぎ

となりの人と仲良くなる

そのとき

何かが伝わります

 

「ありがとう」

でなくても

なんでもいいのでしっかりリレーションしてつながりを感じていただきました

 

 

”自分は天才だと思う子、前に出ておいで”

”自分が天才だと思えば天才。

人は思った通りにしかならない。

だから自分が思えば思ったとおりになるのよ”

 

自分が出来ない

忙しい

無理

と思ったらそのように思考が動きます

 

私は

出来ない

無理

ということばは意識して使用しません

そうしていると、不思議に思ったように動くのです

 

一度

二度

三度と

積み上げて体験したら、もう身に付くものなのです

 

書道は繰り返し

あきらめず

書き続けないと、思ったように書けません

なので、自分に言い聞かせるには最適なツールだと

確信しています

 

 

 

最初は、”天才”に3人しか手を挙げなかった子ども達が!!

今度はこんなに増えました。

 

”お母さんに言いたいことを書いて”

 

 

”お母さんに、お父さんに自分が書いたことを伝えて”

 

みんな初めは何を書くのか?わからなかったし・・・

 

でも

 

そうだ!と決めたら

不思議とみていないのに

みんなが同じことを書いていくのです

 

これで

良い波動は伝達力があることがわかります

 

 

”おもいやり”とみんなが口々に言う

 

”おもいやりはありがとうの気持ち。

相手のことを大好きになるんだよ。

だいすきになったら相手の人にことを思うの。

そしたら、みんなで幸せになれるから”

 

自分の事だけを考えていたら

私はつまらない人生だと思うのです

 

ひとは

自分中心に考えているのですが

 

 

わたしは違います

 

 常に自分の事は後回し 

感違いされてもいいや

わかる人は少ないけど

わかってくれたら

長ーく

深ーく

おつきあいできる

という覚悟があるので

 

勘違いばかりされて生きてきましたが

 

そろそろ人生の終盤になって

 

三島でなくても

 

一回でも

 

勘違いせず

理解してくれる人が増えてきたことが

 

本当にありがたいし

嬉しいです

 

 

 

最後のご挨拶

 

みんな良い笑顔

ありがとう♥

大好きですラブラブ

ほれっぽいのです(苦笑)

 

 

 

ずっと年齢を私が勘違いし続けた大人びたこの少女

将来愉しみですラブラブ

 

 

子ども達に囲まれる房仙先生

 

出会ってくれてありがとうハートブレイク

 

 

集合写真

 

保護者の皆様

参加くださった皆様

感謝です

ありがとうございます音譜

そっと、周りの様子に合わせて動き、誘導くださった光孝先生

お手伝い下さった保護者と大人の生徒

 

守ってくれる人がいるので

生きています

ありがたいです

 

直接、”楽しかった”と感想を伝えてくださる保護者、

FBにコメントを入れてくださった保護者の方、

皆様ありがとうございました。

一部、ご紹介させていただきます。

 

☆房仙先生、とてもパワフルで、ポジティブで元気をもらいました。

もっと、褒めて、文句を言える環境を作ってあげようと親ながら反省しました。

立派に手を挙げ、立派に表現出来た息子をみんなで褒めました。

気付かして頂いて、感謝です。

息子も、とっても楽しかったと言ってました。

ありがとうございました♪

 

 

☆先日はとても楽しい時間をありがとうございました。

いろいろ感じました。

何より、娘が手を上げて前へ出ていたことにもびっくりでした。

実は前日のピアノの発表会で、練習では全然できてなくてミスタッチが多くて、先生にも間違えても続きを弾けるようにしてね~と言われてたレベルだったのに、本番に強かった!ほぼ完璧に弾けて余裕で弾いていたんです。

終了後も、本番に強いんだねー、お母さん安心して見ていられたよーて伝えてたんです。

その言葉と本番でできた自分が本当に自信に繋がったみたいで、自分のこと天才だ!と手を挙げられたみたいです。。。

 

ちゃんと日々気持ちをぶつけてくることも、

文句言わない!て返してましたけど、

娘は”文句じゃない!!”

て言いつづけていたのも房仙先生のおっしゃる通りだなって思いました。

すべて受け止めて、耳を傾けようと思えました。

 

最初に手を挙げたことで、

筆を持たせてもらえ、

気持ちを文字にする体験ができ、、、

私たち家族にとってとても貴重な体験ができました。

 

子どもをその気にさせるのも、

自信を持たせるのも、

言葉がけ次第なのだなぁ、と実感しました。

 

パワフルでチャーミングな房仙先生、素敵でした。

楽しく身になる時間をありがとうございました。

つたない文章ですが、感謝と感動の気持ちはいっぱいです。

ありがとうございました。

 

☆房仙先生にパワーをいただきました。

とても楽しかったです。

子どもはいっぱい文句を言ってくるので大丈夫なんだと思いました。ありがとうございます。

 

☆楽しんで習えれば良いと思っていた書道ですが、

苦しむくらい真剣に取り組むことも大切だと感じています。

とても勉強になり、楽しかったです。

ありがとうございました

 

感想文 本当に嬉しいです

勉強になり 楽しく過ごせ

感動したのは私です

 

みんなとの出会いを大事に

翆仙会を応援し続けます

ありがとうございますハートブレイクラブラブラブラブ

 

 

 

 

房仙会一番弟子 京都支部長翠仙会書道塾さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

フォロー

画像つき記事

もっと見る