房仙流書道を浜田えみなと平沼広行が同時に書いている! | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:
今日は米子の東光園でお稽古です。
昨晩は東京校てお稽古がありました。
 
東京校でのことと、其の後のことを
取り留めなく書きます。
 
東京へ行く前から、私の中では沸々と湧き上がる
強い想いがありました。
 
房仙会って凄いかも?って言いたくなちゃっていました。
 
師範試験も全員合格。
あり得ない❣️
あり得ないことが次々起きていることもありました。
 
三島でも午前中お稽古だったのですが、
これからは波動を感じないとと檄を飛ばしていました。
波動を感じる訓練をしていました。
 
書き終わった作品をみて、どっちがうまく見えますか?
と選ぶのですが。中々、みんな当てることができないのです。
考えたらできない❣️のです。
 
そんなとき、このブログがFBを見たら眼のまえに飛び込んできたのです。
 
浜田えみなさんのブログをご覧ください。
 
そして平沼広行の投稿も見てください。
 
今、フェイスブックを見たら
なんと、私が書けなかった事をえみなさんが書いてくれています。
 
 
 福田 房仙先生、ひろさんとのシンクロ、ものすごかったです。
夜中にブログを投稿したとたん、ひろさんから、
「なんとなく、えみなさんに送ります」と、メッセージと動画が届いたのです!
まさか、東京校のお稽古の日だったとは思いもよりませんでした。
 
房仙先生は、書道をやると、視えないものが見えるようになるとおっしゃっています。
それは、書の中に折りたたまれた筆使いであったり、筆の動きだったりするわけですが、自分の魂の輪郭が、書いた半紙の上に浮かび上がり、俯瞰的に見つめられることに気づいて、すごいと感じています。
 
魂なんて、見たことがない。でも、視えるのです。
添削をしていただくと、いっそう、浮き彫りになります。
そのことに、気がつくようになって、お手本と添削指導への向き合いかたが変わりました。
 
新しく入っていらっしゃるかたたちの意識の高さと、熱心さにも、たくさん刺激をいただいています。
房仙会が、次元上昇していく流れを、からだじゅうに感じています。
房仙会のみなさんとともに、房仙先生に、しっかりついていきます。ご指導お願いいたします。
 
 
 浜田えみなさん
FB

https://www.facebook.com/emina.hamada/posts/1332900850183075

 
 
ブログ
 
 
 
 
 #池川明先生よりいただきましたメールから
 おはようございます。昨日の東京校で房仙先生から、書道について波動を読み取る、というお言葉を伺ったので、房仙会の理解がまた深まりました。普通の書道教室ではないと思っていたのですが、それがなんなのか、ちょっと私の中で見えてきました。
 ・・・・・・
 それまでは顕在意識と潜在意識をつなげる物は目に見えるものと見えない物で無理、と考えていた意識が変わった瞬間でした。
潜在意識の世界は「波動」「エネルギー」の世界です。これを今までは感じる事だけでやっていたのですが、目に見えるんだ、と思っていたところに房仙先生のお言葉だったわけです。
 
昨日の夜、私の中で潜在意識と顕在意識を一緒に表現できるのが房仙会の書道だと確信を持ちました。
 
 
これからの時代の生き方に「感性」は重要で、その感性を「波動」で感じ取りさらに書にして表す、と考えるとまさに房仙会がこれから世界に相応しい生き方、考え方を発信する力を持っている、と昨日思った次第です。
 
そうしたら、えみなさんとひろひろさんの書き込みがほぼ同時にアップされていて、お二人の表現は違うのですが、同じことを言っているように私には思えました。すごいことです。
 
学会、という手順で房仙会を海外に広げたいな。
 
 
 
 

房仙さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります