房仙会社中展、房仙会展とは? | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

5月10日から13日までの米子、大阪での月一度のお稽古が終わりました。

 

今日から、房仙会展に向けてのそれぞれの

想いのこもった手本書きが始まります。

 

何故、私は手本書きを用意するのでしょうか?

 

それは過去の私の体験から考えついた結論があるからです。

 

専業主婦も見回しても少なくなりました。

その主婦も忙しいのです。誰もが忙しく充実して

いる人が習いに来ています。


作品書きは、自分が作ろうとしたら時間がかかります。

一年間 じっくり取り組んで書かないと

書けません。

 

敢えて言わせていただきますと。

もっと大事なことは指導者がきちんとしていないと、どれが正しいか、言い換えると上手か、下手か?も見分けがつかなく、自己満足の作品を生徒が書く事になるのです。

 

そんなこんなで、ドッグイヤーと言われるほど、スピード化が進む周りの環境。

そこに適応しないと社中展はやってはいけないと私は考えました。

まして社中展を続ける事は難しいと考えたのです。

 

その結果、入りたての生徒もプライド持って親、兄弟、知人、友人を誘える出来の作品を書き終わっています。

そして、誇りを持って観てもらって、褒めてもらって、自信につなげて又来年はこれを書こう!という希望を持てる人が継続出来ている人です。

 

○がない。○もない。と言う人が続けられない人で、はっきりしてきました。

 

毎年続けてやっている社中の展覧会をやるにはそれ相応の覚悟と実力が試されます。
かなも漢字も全ての書体を書けて、生徒に満足させられる先生は少ないです。

 

作品を自分で考え仕上げるには、それ相当な時間がかかります。

 

短期間で満足する作品を仕上げ、自分を認め、褒めてあげましょう。

 

これが、房仙会展の主義・こだわりです。

 

今は時が早く過ぎ、これもやりたい、あれも書いて見たい!という各自の欲も変化しています。

その夢の一つ、

自分の書いた作品をみて、大満足する!

 

一から作ることも可能な生徒もいますが。時間がかかります。

 

今はまだその時間を作れるほどの生徒が育っていません。

 

この手本を与えられて書き続けることで、人はいつしか育っていくのだと、私も経験済みなのです。

 

私はある会に所属していましたが、みんな強制的に書きたいものを書くでなく

先生が書いた、先生が書きたいものを買うのです。
 

それも自分が選べず、先生が選ぶのです。

 

ですから、生徒は陰口を。

「当たり外れがあり・・」と。

 

そんなこんなで、自分が苦労したことをさせたくない。

良いところは残す。

悪いところは訂正していく方針で40数年教えています。

房仙会は今年で第19回目を行います。

8月11日、12日

三島市民生涯学習センターにて
10時から4時まで
行います。

是非見に来てください。

 

昨年の写真です。会場入り口第一会場

 

 

漢字、仮名、かなまじり文
字体も様々です。

 

 

 

メインの房仙、孝雪(光孝)作品

 

大阪校の #岡田耕一さん
習い出してまだ数ヶ月でこの作品を仕上げました❤

 

習い出してはいませんが、特別ゲスト作品

数回の練習でこの作品
#吉村和彦先生 和を以て貴しとなす

 

 

 

 

来れないかも?と言っていたのに突然来てくれた。ビックリビックリマーク
#中川吉右衛門 嬉しかった!!

 


#伊丹雅治三島市議会議員
 
#山梨紙問屋 山上社長

 

 

左から
#小野由里子さん #上松マリ代さん
#岩本清美さん #和泉翔子さん
#房仙 #吉村和彦さん #鶴谷明子さん
#飯田章生さん
 
 

 

 

 

左から 
#中川吉右衛門さん #寺嶋伸悟さん
#平沼広行さん  #福田路子

 

 

 

#池川明先生 「幸」書く

 
#七田厚先生 愛語よく回天の力あり 道元禅師の詞を書く

 

房仙会東京校の面々
 

 

房仙会大阪校の面々

 

 
#中川吉右衛門 #彩華
こちらの作品はまだ1年そこそこで書いた作品です。信じられないでしょ?
でも信じてください
ドンッ

 

問い合わせは遠慮無く
やる気のある方募集中です。
 

福田房仙

一般社団法人全国いのちの食育書道展協会 理事長

webページ  http://www.kokone.jp 

書道教室「房仙会」 主宰

webページ http://www.bousen.com

◆ 全国いのちの食育書道展

FBページ   https://www.facebook.com/shokuiku.shodouten

 

 

 

 

 

 

房仙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります