第7回 全国いのちの食育書道展表彰式 山本誠さん撮影 | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

朝8時半  ボランティア集団による開始前の打ち合わせが始まりました❗️

  おはようございます☀皆様どうぞよろしくお願いいたします❣️     

 

熊本  御船町本当教育長も、前泊して

朝からのミーティングに参加くださいました。

      

 

そうなんだ❣️

      

          

みんな真剣です。

         

     

ずっとパートナーを組んで支えてきてくれた千田真琴会長です。

房仙会は、会長が決まっているだけで後は全て役員になっています。

それは役員になった人しか手伝わないと言う

過去の私の経験から、房仙会ができた時からずっと貫き通しています。

米子から参加の仲石悦子さん、松原公仁枝さん、

ずっと休憩中の土屋貴世さん。

  

房仙会の生徒たちの間に

三島市健康づくり課三枝課長も見えます。

石川県から参加くださった貴重なボランティア中谷慶保さん。
みんなと打ち解けることができたのでしょうか?
お話もできず、本当に失礼しました。

 

米子の前田道子さんのご主人。
今回参加くださって本当によかったと思ったこと。

きっと房仙会のこと、房仙のありのままの姿のことを理解いただいたということが

私にとって、とてもよいことだと思いました。

ありがたかったです。

子供達も子供なりに先輩のまりがきてくれて

手伝ってくれました。

よかった!小渕まさしさん、やっぱりこっちでよかったです

 

 

次第に準備ができてきていました。

毎年、私は準備のところにいましたが、今年は任せ

生涯学習センターでの展示場にいました。

 

そちらでは

池川明先生、七田厚先生が本田教育長と打ち合わせ。

お茶もない、何もない中、ミーティングさせていました。

人手が・・・。

岸沢嘉夫さん、頑張ってくれていました。

斉藤嘉美さん、あと少し気がついてくれるとありがたいかな😉

それにしても、みんなありがとう。
京都からのお友達とも話ができたのかな?
ありがとうね。京都のみんなに入ってもらっていたのを今知ることができて

とても嬉しいです。

 

こんな風にやってくれていたのですね。

 

受付、

毎年参加くれた小野ゆりこさんが写ってくれていて、ホットしました。

ありがとうございます。

みしまるくん、みしまるこちゃん、大変な人気でした。

内に入ってくれた杉山 さん、吉田さん、ありがとうございます。

 

審査委員の先生たちと。

 

 

山形から参加の面々。

姿勢に注目。
私は猫背なので、刺激いっぱいもらいました。

私的にはサングラスは?
皆様はどう感じたのでしょうか?

スター吉右衛門的には・・・きっと理由が。  許してください。

 

なんかいいな、ギリでも息子なので、みんな可愛がってください。

吉右衛門。陽平。どこまでも飛んで大きくなーれ。

 

 

かわいい💔

池川明先生と

七田厚先生と、ハッピーなひととき。

それにしてもお二人の先生には2往復もさせて、申し訳ありませんでした。

運動の協力をしたと思わないとお恥ずかしいですが。

 

 

まこちゃん、素敵なツーショット、ありがとうございます。

 

 

写真、保存して欲しいな。

記念に残る写真を撮ってもらいました。

ありがたいです。

 

 

聴いてくれた人たちもありがとう。
みんな、真剣にいきている大人をみて

いつか、僕たち、私たちもお百姓さんやりたい!って言う子が一人でもできてくれたら

嬉しいな。

 

藤枝の紅林先生も出会いを喜んでくれています。

 

 

 

3・11地震の時、房仙会で応援した

及川せいこさんもきてくれました。

 

聴いてくれてありがとうございます。

 

 

きっと池川明先生も二人のことは記憶に残ったことでしょう。

先生、二人もよろしくお願いいたします。

 

 

いい写真。

パチリと音が聞こえます。

 

やっぱりメインのところは人集りがありますね。

 

 

みんな親子で参加くださっていて。感動です。

ありがとうございます。

 

三島市の保険センターの職員のかたも応援くださいました。

 

 

そっち、そっち。

おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとうございます。

 

 

えーい💔

 

 

昨日まで雨、風だったのに

朝はなんと晴れ!

天から味方をうけ、幸せです。

 

いらっしゃいませ。

京都から参加くださったボランティア、ありがとうございます。

岡田理津子さん、外に出てくれて。ありがとう。

みんなで受付、大行列も避けれて、みんなのおかげです。

 

 

さー、初企画。
本田教育長から、熊本地震のことをお聞きしました。

苦労なさって、不眠不休で仕事なさっているのを見て

資本は身体だとつくづく思ったものです。

 

厚先生と明先生の司会って豪華でしょ?
ありえません。

 

涙流してお話くださったこと、心にとめ
これからもずっと私たち、全国いのちの食育書道展との友好関係は不滅です。

 

 

七田厚先生、ありがとうございます。

 

池川明先生、ありがとうございます。

 

房仙、最後のご挨拶ではなく

開始の挨拶でした。

この時はも真っ暗闇で会場は一切見えず。

不気味でしたが、そういうものだとし、見えないみんなに呼びかけることができました。

 

 

司会のお二人。

お一人はもと朝日テレビアナウンサーの現県議の遠藤行洋さん、
お一人は房仙会生徒の母、弦間由香さんです。
お二人の名コンビは今回で二回目。
とっても素晴らしい司会で会が盛り上がりました。

 

三島豊岡武士市長。

こそっと。。。。。

 

すこしだけあったアクシデントも懐かしい思い出です。

 

毎回県知事の代わりにおいでくださる

副知事の土屋優行さん、受賞の仕方もお人柄がにじんでいます。

 

 

文部科学大臣賞から始まりました。

プレゼンターは細野豪志衆議院議員です。

 

 

おめでとうございます👩‍❤️‍👩

 

 

おめでとうございます。
文部科学大臣賞、一般の部

向井美貴さんです。

 

 

司会の遠藤さんが自然に流れを作ってくれて

まるで映画をみているようでした。

 

初めて審査委員んなっていただいた

竹内文則先生から おめでとうございます。
広島から参加のかたでした。

 

 

 

 

みしまプラザ賞 おめでとうございます。
みしまプラザの室伏社長より。

 

さくらではありません。

中川吉右衛門家族が受賞。

選んでくださったのは室伏社長です。

おめでとうございます。

特に吉右衛門のお母様がとても喜んでくれたのは

主催者側にとりましても嬉しいことでした。

 

夢育て賞

しちだ教育研究所社長 七田厚社長より。

おめでとうございます。

 

消防長より

おめでとうございます。

 

 

食育書道展賞

みんなおめでとうございます。

喜んでくれて とても とても とても

嬉しかったです。

参加してくれて記念に残ったことと信じます。

 

こうして後ろには送ってくれた写真が次つぎと紹介されました。

 

こちらです。

 

 

審査公表。

長野秀章先生から会にお褒めのお言葉頂戴しました。

 

 

途中はなんと贅沢な。
ライブコンサートもあったのです。

この写真はギターリストの関根あきらさん、

 

 

前田順三さん、

なんでも弾ける良い人です。

 

ドラム 格好よかったです。

古地克成さん。

 

 

1回目からずっとボランティア参加くださっていた

折重由美子さん。

クラビオーラは、メンテナンスできる彼女しか引けない特別の楽器。

房仙会はじめ全国いのちの食育書道展ではファンも育っていて

人気です。

今年は

太陽とツナガル電池の音コンサートということで

岡本さんにお話を聞く予定が彼が入院したため、皆様には司会からご紹介し

電池だけで大ホールに鳴り響き、電池の威力がよくわかるコンサートになり

感動でした。

 

 

相変わらずお綺麗で。

写真とても素敵です。

 

今年の企画

何回もお話していますが。私は目立ちたくないので反対でしたが。

みんながこれがあってよかった!と言ってくれて

やってよかった!と今では心からそう思っています。

 

みんな、涙届きました。

ありがとうございます。

 

実は隣の鈴木良子さん、結構緊張していて。

おかげで私の緊張はなくすみました。

 

 

魂 食 いのちと書きました。

今度はもう少し上手に仕上げます。

 

お琴で友情出演くださった

浅井大美子先生です。

 

 

ふるさと 大合唱。

泣ける歌ですが。泣き虫の私は泣けませんでした。

 

 

 

一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事の池川明先生です。

最後の締めの挨拶は、打ち合わせも全くない中

びっくりするほど、私が言って欲しいことを全てきちんとお話くださいます。

すごいことがおきている全国いのちの食育書道展です🌸


 

{06B14979-A8F6-47BC-B162-E58ACCF00490}


 

房仙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります