全国いのちの食育書道展審査についての房仙の考え方 | 静岡,三島書道家房仙ブログ,

静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

 「全国いのちの食育書道展は世界でも唯一無二のどこにもない書道展で どこにもない立派な表彰式が行われています」

 

 三島市と共催といえども、実際は房仙会が全部引き受けて開催している展覧会です。

 

 この時期、ものすごいエネルギーで生徒は狂って手伝ってくれています。
いまでは,,ありがたいことに生徒でなくても、この子展覧会に意義を見いだしお手伝いくださるボランティアのかたも増えてきました。

精鋭のボランティアに生きがいを持って参加してくる人達だけが応援する、世界でただ一つの無料の展覧会で、世界一のボランティア集団が結束することで大成功している展覧会です。

 金銭的にも実際のお手伝いも率先して動いてくれているので成り立っています。
 

3月24日、最後の表彰式が三島市で行われます。

是非、参加ください。
 

 下記の文章は、2月19日に米子の生徒の松原公仁枝さんがFacebookに投稿したものです。

 

 この記事を読んで、きちんと房仙会の生徒達に、また
「全国いのちの食育書道展」に出品してくださった方へもきちんと
私の考え方を伝えたくなりました。

 

 松原公仁枝さんは 

賞は取れませんでした!

と書いていますが。過去、房仙会の生徒には賞は基本的には遠慮してもらっていました。

 

 審査委員であり、その立場を利用して生徒が賞をとったとみられたくありませんでした。
過去に於いては、入りたての、事情も分からない生徒や高齢の生徒さんには実力で入賞したと褒めて、表彰式にも参加してもらったことはありますが。なにも訳分からない生徒に事情を詳しく説明する時間はありませんでした。

 今でも感謝して房仙会に在籍している方は高齢の方とこの記事を書いた松原公仁枝さんかな?あとの方はきっと自分の実力だと思ったのでしょう。辞めていきました。
 

こちらがフェイスブックでの記事です↓
今年は全国いのちの食育書道展に出品しようと私も書いてみました。書道を通して食やいのちについて考える書道のコンテスト。
何を書くかも考えました。

結婚してから「おでん」は実家の母が我が家の分も作っていつも持ち帰っていました。
「二人分作るよりたくさん作った方が美味しく出来るから」と。
だから私はおでんを作った事がありませんでした。そのうち我が家のおでんの味は「おばあちゃんのおでん」になっていました。
何度か私が作っても味が違い(。-_-。)教えてもらおうとしても目分量だし…とか言ってちゃんと教えてくれないし…。
「おでんみたいな物」としか認めてもらえませんでした(>_<)


もう作るのもやめていました。

母は82歳…おでんを作ることがなくなりました。

我が家はしばらくおでんを家で食べてませんでした。

[もう一度食べたい 母のおでん]
私の気持ちを書きました。

賞は取れませんでしたが

これをきっかけに一念発起‼︎
家族に「おでん」と認めてもらえるものが出来たんです‼︎

#全国いのちの食育書道展 をきっかけにようやく私の作ったおでんが認められました。

書と向き合い、書きながら母を思い、作りながら書を思い母を思い家族を思い…。
こんな機会をいただいて、とても感謝しています。書くことって素晴らしい✨   考えることって素敵です。

きっと3月24日は
それぞれの想いのつまった書道展になると思います。今からとても楽しみです。

#房仙会 #房仙会米子校
#全国いのちの食育書道展
2018/03/24(土曜)
10:00〜16:00 展覧会:静岡県三島市市民生涯学習センター
13:00〜15:00 表彰式:三島市民文化会館 大ホール

 

 

こうして、何も求めず、一生懸命書いてくれて投稿してくれる!って嬉しいです。

 

全国いのちの食育書道展はたった一人で出品しても入賞している展覧会です。

 

通常あり得ません。どこの展覧会でも団体が有利です。

あり得ないことをあり得るようにするのが私のお役目。

 

だからこそ、房仙会の生徒には遠慮してもらっていました。

正直、房仙会の生徒が私のお手本で出品したら、上位賞は取れちゃいます。

 

参加する人が喜ぶ展覧会。

こんな展覧会はどこにも絶対ありません。

 

感動するためにはどうしたらいいか?

毎日、考え、打ち合わせを繰り返しています。


3月24日、来れる方が来て欲しい展覧会表彰式。

 

盛大に出来そうです。

 

期待ください。

 

昨年の写真です。

 

 

房仙さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります