静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

敬老の日の9月18日は 気合いをいれてのお稽古でした。

(ご安心ください。気合いは毎回自然に入っています。)

 

午前9時から12時までの大人だけのレッスンですが、時間通りには終わりません。

「時間厳守して終わりなさいした

と主人からはいつも注意を受けています。

 

ここで終わったら

今日のお稽古が  なんだったの?ということになりかねない

という理由で   おわりませんはは

 

開始十分前から話し出し  終わりは時間厳守なし

 

時間ぎりぎりに来る人は

大切な私の想いは聞けません。
今回は12時半終了。

 

こんなお稽古していたら

万人受けはしませんよね。

 

 

 

13時から

オリンピックコース生達のお稽古

今回参加者は中学3年生から小学校2年生まで。

 

15時までびっしり

途中休憩なし。

 

15時から通常、月曜生のお稽古4時半まで。

 

16時半から保護者会。

 

1日がこうしてびっしりスケジュール入っているのが大好きです。

 

 

今このブログは大阪尼崎のホテルで書いているのですが、以前書き残しの文章がそのままになっていたのを発見。
 

遅いぞ!って感じですね。

 

 

 

ここからが本題?

 

私に落ち込みなんてない!と考えている人

大間違いです。

 

日々毎日考えすぎて

落ち込みます。

 

考えすぎ!

って言われますが。

 

考えないで過ごす方法ありえないのです。

 

全国いのちの食育書道展のことで頭いっぱい。

 

パンクしそうですハート

 

きゃー、🎶

 

写真が一枚もありません。

第18回房仙会展の時の取材の動画がありました。

 

 

追伸

写真探しましたが、なんと一枚も撮れてなく。

残念です。

助手がふたりもいながらなんてこと!

と私が言い続けてもできないことは

私の指導が行き届かないということになり

 

やっぱり、落ち込むのですが。

 

皆様の応援から力をいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

房仙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります