静岡,三島書道家房仙ブログ

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

           9月2日に集まりました。

こんな集団どこにもない!

そんな人たちが集まりました。

 

鳥取から 松原公仁枝さん
大阪から 青木美保さん、岡田耕一さん
三島から 田中大輔さん、菊地香奈子さん、梶益見さん、千田眞琴さん、弦間ゆかさん。

東京から 黒島慈子さん、鎌田英洋さん、平沼広行さん、深野弘之さん。
山形から 千葉陽平さん、中川吉右衛門さん。
ファシリテーター 深澤公詞さん、渡邉尚俊さん、吉村和彦さん。
協会側から理事 房仙、光孝、路子、道穂。

 

展覧会も世界初!

 

心を磨き
真の思いやりを感じとれ
人として成長出来る

いのちと生き方を考えることが

出来る 

「全国いのちの食育書道展」です。



【房仙会研修】
13時スタート

理念、考え方をまずしろうと

私の話からスタート。

 

今回ボランティアでファシリテーターを引き受けてくださった渡邉尚俊さん

と深澤公詞さんと
吉村和彦さん。

ありがとうございます。

 

 

{01FA70F1-0C1F-426F-96B0-EE9E27930D95}

 

                                              渡邉尚俊さん

 

 

 

 

{255FA898-159A-4481-BB6C-0589D08C3206}

                     深澤公詞さん

 

 

{D55AFA82-C572-4580-BE08-592ED37D5A9E}

            

     村和彦さん(FBの先生)
 

 

継続して開催出来るようにするためにはお金の問題が一番。

 

専務理事の光孝が一回目からのお金の流れを詳しく説明。

 

{D93CEC1E-A566-4C95-BE2F-274E7587A973}


 

一回目開催時に必死になって作ったもの。

当日、会場に大きく書いて張り出したのだが

どれだけの人が見てくれたのか?は疑問。

みんなに分かってもらいたいと思うところは

まずここからと、全員にお渡しした資料。

 

 

熊本県御船町の本田惠典教育長から

タイミングよくお手紙いただきました。

どうしても披露したく、読んでもらいました。

13時35分から 
SWOT分析に入る前に師弟の関係と組織に
ついての議論

 

房仙会ってなんですか?
房仙会といのちの食育書道展の位置付は?
   

あなたにとって、どんな師匠ですか?

各班に分れて話し合い。

 

{2D9B4271-F362-4209-AA2E-585C1D02B8B6}

 

 

{8F40F0DE-9E11-48E9-B896-7D6E92790689}

 

 

{DEDF949F-317B-4901-B2B7-F7702A0F842B}

写真でも伝わる何か騒いでいる感じがない。

真剣そのもの。

 

13時50分から
全国いのちの食育書道展活性化にむけて
のSWOT作り

 

 

15時から 

ビジネスモデルキャンパスを描く

17時半から 

グループ別発表

 

写真は自己紹介の時

 

{2EF39429-1B3B-40A6-A0C8-424999FEC540}
目をつぶったしゃしんしかなく ごめんなさい。
 
{8BB3FFAC-62AE-4304-9BB3-231BA2F384F7}
 
{064556A5-671C-487E-979C-BAF5406D6B64}
 
{3A0E8958-302D-4C88-A40C-06A47FB6B285}
 
{C29EDFD2-E6EF-42BF-95D6-21D56280A340}
 
{26FF270D-5A3D-49D1-B757-D6FCA6E3B262}
 
{C83B1A02-F820-455C-A4BA-7751BB0C6D84}
 
{7E1CF321-C09A-42DE-AEE8-A3E1069A2337}
写真は15枚しか貼り付けられず、次に続きます(*^o^*)

 

18時から40分間

   夕食

 

その後が又熱い議論が続く・・・

 

22時半  中締め

そこから延々と続き

最終的にはなんと翌日4時に終わったとか。

 

なんと素晴らしい仲間達なんでしょう。

私が言うのもおかしいですが。

 

これを幸せと言わず

なんというのだろうか???

 

全国いのちの食育書道展が

参加くださった方に

与えることができることは

想像を超える!

 

今後に注目ください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

房仙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります