デルータ陶器の職人さん | イタリア工房 Bottega"S" ボッテガ・エッセ

イタリア工房 Bottega"S" ボッテガ・エッセ

イタリアの伝統工房とのコラボから生まれたオリジナル製品をお届けしているインポートショップ
ボッテガ・エッセの裏話や新商品情報などを公開


テーマ:
デルータ陶器を担当してくれているShigekoさんは、東京生まれの日本人女性です
重子1 

彼女の略歴を・・・
女子美術大学工芸学科を卒業
その後、イタリアに渡り、フィレンツェにある陶器の工房に入り修行。
さらなる技術の習得の為に、陶器の町として有名なデルータにある陶器絵付け学校に入学し、そこでイアタリアを代表する陶芸家・ロマーノに直接、薫陶を受ける。
卒業後は、デルータの工房において実践を積むことにより、技術的に大きく向上する。
現在は独立し、デルータ陶器の技法を使い、伝統のモチーフはもちろんのこと、新たなデザインの作品を製作している。

Shigekoさんはイタリア在住15年目になるそうです。デルータは小さな町で、日本人も住んでいません・・・イタリア人に囲まれての生活です。

私は日本にも輸入されているデルータ陶器や、現地デルータの工房を見てまわりましたが、彼女の丁寧な筆使いはやはりとても優れているように思えます
(イタリアのお土産物で売られている陶器はもちろん論外です)

イタリアの職人さんは若い時から工房に入り、修行を積み、実践することにより巧くなっていきますが、得てして決められたデザインをそのままなぞり、手早く仕事をすることが中心になります。
その点、Shigekoさんは美大を出ているのでデッサン力があり、フリーで絵を描く事が出来ます。地元でもその特徴を生かしたShigekoにしか描けない絵柄の注文が来るようです。
そして、彼女の真面目で、丁寧な仕事の評価は同じ日本人としても誇りに思います
けれど、彼女はあくまでも職人仕事が大好き、黙々仕事をするのが合っていると言います。
職人(artigiana)としての誇りがあるのでしょね
そんな作品を皆様に紹介できるのは私にとってもとても嬉しいことです

店長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス