EPSとPER | 仮想通貨で億りなさい

仮想通貨で億りなさい

暗号通貨全般。
BTC、BNK、PEPECASH、ADKを日々監視(監視銘柄は変わる)
LISKのアイコンは、このアルトからスタートしたため、敬意。
情報、考え方、スキルなど価値ある発信を。


テーマ:
 
どくしゃになってね!
 
ども、しんかわ(@boshinkawar)です。
 

↑仮想通貨でベーシックインカムを受け取る虹

 
EPSとPERという見方
ツイッターで現在のバンクエラBNKの価格について
BNKトークンを有価証券とした見方をされていた方を発見

 

知識として知っていたほうが良いので、

サクッとまとめ

 

EPSってなに?

EPS⇒1株あたりの利益

1年間の純利益÷発行済株式数の

 

ツイッターの例でいえば

バンクエラの年間純利益7億に対して

発行済トークン数が110億トークンなので

7億÷110億=0.063となり

EPS(一株あたりの利益)は0.063

 

PERってなに?

PER⇒株式収益率(Price Earning Ratio)

1株あたりの利益から株価の割安性を判断する指標

1株の価格÷EPS

ツイッターの例でいえば

バンクエラの価格0.9円

EPSが0.063なので

0.9÷0.063=14.28

PERは14.28となる

 

PERは低いほうが株価の割安感がある

例えば、株価1,000円でEPSが500と200の銘柄があれば

PERは2と5になる、EPSが500の銘柄のほうが

割安ということ

 

色々なものの見方は覚えていて損はないし

複数の見方からの投資判断ができれば

より良い判断が下せるので

少しずつ物にしたいですね!

 

 

それではまた!

 

 

 

虫めがね読者登録で見逃しを防げますので、ぜひ登録ヨロシクです乙女のトキメキ
 
読者登録してね
 

↑バンクエラ公式交換所(日本語対応)

 

↑バンクエラはHitBTCに上場決定
 
↑仮想通貨取引高世界NO1の海外取引所
 
↑バンクエラ上場予定の取引所
 

 

↑PEPECASHが取引出来る国内取引所

 
 
ビットコイン トレードグランプリ
 ↑ビットコインFXが出来る国内取引所

しんかわさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス