ようやくアルトに到着。標高約900m

 

 

 

 

 

 

 

 到着、カンガルーやウォンバット注意の標識が多数あり

 

1000ヘクタールの土地に、100ヘクタールにだ約20000本、15種類のオリーブが植わっています。広すぎて、すぐにオリーブの木が見つけられません。

急な山肌には、たくさんのユーカリの大木。ユーカリの種類は、約300種類もあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス前の忙しいシーズン。オーストラリア国内の代理店向けに、たくさんのオリーブオイルとテーブルオリーブが出荷されていました。

 

 

 

 

 

 

かつてはアルトもオーガニック認証を持っていましたが、認証の為にたくさんの費用がかかり、メインのお客様であるシェフはオーガニック認証にこだわらない為、認証取得はやめたとのこと。

 

 

 

 

 

 

今でも、循環型農業をしており、リサイクル、有機の農薬のみ使用、雑草は刈取り除草剤は無使用、肥料は海藻由来の有機肥料を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

品質に対する姿勢、管理、オリーブへの情熱と商品へのプライド。実際に見に来て、本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

普段メールでやり取りをらしている、ニコルにも会えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、いろんな種類のテーブルオリーブを試食して、その美味しさが理解できました。

 

 

 

 

 

カンガルーがたくさんいる場所に連れて行ってもらいました。カンガルーは早朝と夕方には、出会えるそうです

 

https://www.facebook.com/yumiko.inada.35/videos/1416073708551202/?fref=mentions

 

 

 

 

 

 

 

ロバートの家は、暖炉、広いキッチンのある、絵本にあるような家です。思わず写真が取りたくなる初めて会った人にも、とっても人なつこい犬のベラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜や果物もたくさん育てています。初めてアーティチョークを収穫し、調理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 馬も放し飼い。ベラは、ダム(水の貯めてある池)にいきなり飛び込み、水浴び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1泊目の夜、ロバートの友人でオーストラリアオリーブ協会のトップになったマイケルも一緒に夕食。

ロバートのお手伝いで!パスタのソース作り、アーティチョークの下処理と茹でをしました。

 

 

 

 

 

 

一回目はアーティチョークの 下処理を失敗してしまい、再度庭に収穫に。手作りマヨネーズに、粒マスタードとレモンの入ったソースがアーティチョークと良く合います

こんなに美味しいと思わなかった

 

 

 

 

 

ロバートとマイケルのオリーブ談義は止まらず、私達にも質問が!英語で答えるのに、必死

音楽を聴きながら、夜は寒く暖炉を焚き、美味しいワインと手作りの夕食。こういうのが、本当に幸せな瞬間。

 

 

 

 

 

 

外は満月の夜。