今日の先発はヤングマン。

今日にもマジック点灯の可能性と言われたがハナっから期待してなかった。

巨人が苦手な初顔として梅津が先発。

初回3人で片付けるとその裏ヤングマンがさっそくやらかす。

大島にいきなり2塁打。その後一死三塁から福田がセンター前で先制。

ビシエドも続いて一塁三塁。

髙橋周平が三振するも大城が二塁送球セーフ。福田の離塁に反応した坂本がなんと悪送球で2点目。

どっちもどっちのミス合戦。

 

2回、岡本の特大のソロが出て1点差。

 

3回裏、イージーなセカンドゴロを若林がやらかして無死一塁。

吉川尚輝は本気で復帰する気あるのか?(-_-;)

その後二死になってビシエド。

竜党がバンザイするほどの胸のすく当たりはレフトスタンド一直線。

今日の捕手は大城。

大城には期待している。だが現在の竜打線で最も気を付けなくてはいけないのはビシエドだけ。

なんでまともに勝負するのか理解に苦しむ。

5番の高橋周平はまだまだ本調子とは言えない。

4対1となって初顔梅津は気合十分。

 

巨人打線2巡目となる4回表。

坂本には三球三振。

丸はセカンドゴロ。

しかし好調岡本に四球を選ばれると阿部にも四球、ゲレーロにも死球で満塁。

打者大城の打球は力なくレフトのグラブに収まったとき、「終わった」と思った。

 

最近の大城は何か悩み事でもあるような不安そうな顔つきして感じない。

不思議と小林の方が最近は打てそうな気がしてならない。なぜだろう(笑)

また2点目を許した場面でも小林なら2塁送球で刺せたとも思える・・・・。

 

4回裏の中日。ここでも阿部に0-2と追い込みながらカンタンにヒットを許し、大暴投で無死三塁。

そして遠藤にタイムリーを浴びる。

もう限界。しかし原は動かず。

 

この日のヤングマンは四球には気を付けたものの、走者を出してからのクイックは相変わらず下手。

なおかつ小林でなく大城という事で走り放題。

たいして速くもない直球は狙い撃ちされ、球の出何処がわかりやすいから球種に対応される。
どこから見てもB級品。
台湾くらいしか引き取り手はないだろう。ハナシにならない。
 
この日の巨人は「今日は勝てないだろうなぁ」の空気が充満してるかのようで守備にも精彩を欠いた。
この後大島にも打たれ6点目。
京田の打球も岡本が反応できずゲレーロのそばへコロコロ。
守備時間が異常に長いことで外国人は集中力を切らしやすい。ゲレーロも打球の処理を誤って1塁走者の大島が7点目のホームイン。ああ、あほらし。
 
ここでようやくベンチが腰を上げ宮國にスイッチ。宮國は長いイニングも投げられる投手。
そもそもこんな状態の悪い投手をなぜ昇格させるのかという話だが、先日の髙橋優貴登板の際に二枚重ねで高田をスタンバイさせた。状態が悪いヤングマンのW先発として宮國をスタンバイさせておく必要があったのではないか。
 
宮國とともにセカンドは田中俊、レフトに若林となってゲレーロが下がった。
死球を受けたのが原因か。ようやく状態がよくなったのに残念だ。
 
5回表田中俊亀井の連打で一死一塁二塁。
しかし坂本がまたもや三球三振。この打席は3球目が大きく外れたクソボール。
タイミングが合わない坂本はやけくそのような空振り。あんなにみっともない空振りを見たのは初めてだ。
丸がレフト方向へ狙い打って2点を返すもそれまで。
 
****************************************************
明日からはDeNA相手にマジック点灯を期待して今晩はこの辺で。
 
タクシー乗務、今月は明日23日と25日だけ。
23、25は試合終了を狙って東京ドームへ向かいます。
また、神宮でも試合があるので行きます。25日はドームがデーゲームなのでおいしい二本立て。
その後カミさんの墓参りってことで月末までお休み。京都に行ってきます。