巨人1vs1ヤクルト

今日の対戦は吉川光夫とブキャナン。

この2人が最近では滅多に見ないリアルな投手戦を展開した。

よく投手戦と言われる試合でもどっちかのチームが拙攻だったりミスショットだったりでたまたま得点できないケースもある。

しかし今日の2人は素晴らしかった。

 

両軍ノーヒットのまま5回表。

吉川はワンナウトから畠山を四球で出した。

こういう場合、セットポジションに変わって別人のように突如乱れることがある。

しかし打者は大引。特に一発を恐れる必要のない打者であり、走者が出ると変化球をひっかけて併殺に倒れることが多い打者ということを計算していて、6球目のチェンジアップをエサにして内角の直球で5-4-3の併殺に仕留めた・・・はずだった。

しかし塁審の判定はセーフ。すぐさまリクエスト要求。

場内に映し出されるそのシーンは間一髪アウトに見えた。ドームのお客さんは併殺を確信した。

審判が出てきてゆっくり右手を上げるかと思われたが両手を水平にする信じられない光景。

ドームは「え~~~~~~????!!!」

 

これには落胆しただろうと吉川を心配していたが次打者西浦には落ち着いてショートゴロに仕留めた。

今日の光夫くん、違うど!

あの日本ハムでエースだった頃の輝き。すばらしい。

 

その裏、先頭のマギーは内角のストレートを思いっきり引っぱたいて待望のホームラン。

気落ちしたブキャナンは亀井に四球。さぁ、畳みかけようと思ったら今日の8番は小林!

8番が絶対にやってはいけないことが併殺。9番まで回すことができないで終わってしまう。あ~~最悪。

 

ノーヒッターが見えてきた7回表。先頭は難敵青木。

6球目のスライダーを鮮やかにヒット。100球目。ここまで吉川は100球前後でつかまる。

その100球目、山田の打球は強烈なピッチャー返し。瞬時に反応してダイレクトキャッチ。

飛び出した青木は呆然。

大引のときの併殺を自ら取り戻すかのように即座に投げた1塁への送球には「これで文句ないだろ!」って雰囲気。う~~ん男らしい!

バレンティンには警戒しながら四球を出すも畠山をチェンジアップで仕留めた。

 

8回表、吉川の続投をあきらめ、畠が今季初登板。

中盤からボールが先行し、疲れも見え始めていた吉川光夫なので降板自体に異論はない。

しかし、1点差での展開でこの畠の投入はいかがなものか。

 

一塁三塁の場面で何度もワイルドピッチのような球があったが今日の捕手は小林。昨日の大城とは違う。

大城にはこういうところを勉強してほしい。打撃は反面教師で(笑)

結果的には無失点。

ベンチに帰る畠を最も嬉しそうに迎えたのは斎藤コーチであった。無理もないか。

それでも私はこの8回の畠投入には疑問だ。

 

というのは、昨日の試合。

好投のメルセデスを8回代えた。代えたのはアダメス。無死一塁二塁で制球力に難ありのアダメスを出したのだ。

制球力に難があることはわかってるからこそ、それまではイニングの途中から投入は避けてきた。

絶対に獲りたいCS争い第1戦。この時点で畠は1軍に昇格している。

今日のような試合で投入するのであればなぜ昨日投入しなかったのか?

まだ病み上がりだからか?だとしたら1vs4になった時点で中川ではなく畠をテスト登板させてもいいはずだ。

 

つまり今回の畠の登板は例えるなら、「無認可の特効薬を治験もせずに患者に投与するようなもの」。

早い話、出たとこ勝負なのだ。

薬の副作用のことなど一切考えてないと言えないだろうか。

 

「ほんなら、どうしたらええんや!」

もし村田ヘッドに言われたなら私はこう切り返す。

「それまでに経験を積ますことを怠ってきたのはどいつだ。」

よかったはずの宮國は簡単に降格させるし、いつまでたってもノーコンが治らない澤村はおとといまでずっと1軍。

その言い訳が「ほかにおらんやろ!」ってか。

2軍の酷暑の中でがんばっていたベテラン大竹に1軍の声は一度もかけず。大竹だってがんばってる。7回限定の起用だって受け入れるはずだ。そんな人材も一度も試さずに「ほかにおらんやろ」とは大馬鹿野郎だ。

 

そしてよくやったと畠を褒める。そこに首脳陣の反省などかけらもない。

だからいつまでたっても同じなんだ。

 

8回裏、二死走者なしで今日初めて1番に起用したゲレーロが四球。

2番重信に2-1となったときに高橋監督がゲレーロに代走中井を起用。

日テレ佐藤アナは解説山本浩二氏にこの起用の意味を訊く。

「守備固めもあるでしょうねぇ。」当然だ。

訊きたいのはそこじゃない!

なぜ3球目に交代なのかってことだよ。

佐藤くんもそこを深く訊いてくれよ!

あ、そうか。なぜ3球目なのかって誰も理路整然と説明なんてできないよ。

だってそれがポンコツ首脳陣だからさ。

つまり、「忘れてただけ」なんだから。

 

さて9回表、初めてのセーブ機会で山口俊が登板。

かつてのハマの守護神。

しかしYGのユニフォームでは勝手が違うのか。四球を連発して結局犠牲フライで同点。

力投の吉川光夫はとうとう報われなかった。

それでも同点止まり。

 

9回裏サヨナラの可能性はある。

しかし岡本が三振。マギーの代走で入っていた吉川大は予想通り三振。亀井も三振。

 

こりゃダメだと思ったら延長10回、なんと中川が下位打線とは言え三者三振の活躍。

使ってみなければわからんもんだな。

 

勢いついた10回裏。先頭の田中俊が内野安打。小林がきっちり送って一死二塁。

ここで守備要員に入っていた陽岱鋼の打席。

集中していた陽岱鋼はレフト前ヒット。しかし前進守備に阻まれ俊太の生還はならず。

一死一塁三塁でゲレーロの代走で入っていた中井。

ここでとっておきの代打阿部慎之助。

阿部の打球はピッチャー返し。中尾は振り向きざまにセカンドに投げれば併殺だったが大事に行ってファーストに投げる。

ここで代打石川。

 

二塁三塁の場面で3-1。歩けば満塁で坂本という場面。5球目のボール球を空振りしてフルカウント。

ここまではいい。しかし6球目のボールにハーフスイングで三振。

これはいただけない。野球はみんなでやるもの。自分で決めるというものではない。

石川くん、もう少し勉強しなさい。

 

延長11回は上原が青木、山田、バレンティンの強力な打順を3人で打ち取った。

なんだかレッドソックス時代を思い出した。あの頃はオルティスによく抱えあげられていたなぁ。

 

その裏坂本からの打順だったがサヨナラならず。

サヨナラヒットを何度も打ってきた坂本、亀井が相次いで倒れる。

 

最終回、池田がマウンドに。アダメスは怖くて投げさせられないのだろう。だったら2軍に落とせばいいのに。意味がわからない。

また、先発3番手でデビューしたはずの野上がブルペンで待機しているのにこちらも呼ばれない。どうなってんだ?

しかし池田は不安を吹き払うようにこちらも3人でピシャリ。

 

負けがなくなった巨人。

12回裏。

田中俊がエラーで出塁。ところが小林がバント失敗。陽岱鋼はど真ん中の直球を見送り三振。

大城がヒットでつなぎ田中俊が三塁まで進むも代打宇佐見がセカンドゴロで終了。

 

完全な勝ちゲームも結局勝てない。

 

ちょっと気になったのは岡本。

絶好調の頃からは程遠く、どうもおかしい。

外角の球を見逃すことは今までもあったが、どっしり感がない。

去年までの慌てている感じがする。

 

では今日のおさらい。

 

相変わらずバントがヘタ。特に小林。小林はもう普通のバッティング練習は禁止!

バントの練習だけしなさい。(笑)

畠はまだわからない。けど首脳陣が喜んでる。やっぱりアホだな。

山口俊の守護神、問題山積み。期待薄。

吉川光夫は本当にかわいそうなことをした。西武とかならもう10勝してるぞ。

でも今日は投手陣、山口俊を除いてはみんな頑張りました。

終わってみれば7安打の巨人が3安打のヤクルトに引き分け。

 

明日は田口。ゲレーロを1番にする監督さんだから田口くん、援護は期待しないでね。

 

それから広島が勝ちました!

ちょっとこの連敗は心配しておりました。

言ったでしょ?九里が先発でも勝てるかもって(笑)

あんなに強いチームでもたまたま負けることが続くことだってあるんだよ。

 

巨人とは大違い。

マジック8!もうすぐだね。

28日までは16日以外マツダスタジアム。

それまでには絶対決めてね。

それを逃しちゃうと29日に完全アンパイの巨人と東京ドームでの胴上げになっちゃうのよ。

巨人とだったら目をつぶっても勝ててしまうのでイヤでも胴上げになってしまうので・・・・(笑)