《英会話フレーズ》「気にしないで!」=「Don't mind(ドンマイ)」は間違い? | "英会話"×"IT"×"旅"×"ビジネス"スキルを獲得し、国内国外をフィールドに駆け巡る21世紀型ライフスタイル構築ブログ

"英会話"×"IT"×"旅"×"ビジネス"スキルを獲得し、国内国外をフィールドに駆け巡る21世紀型ライフスタイル構築ブログ

一介の日本人ビジネスマンが国内国外をフィールドに駆け巡り、世界レベルの英語上達法、IT、旅スキル、21世紀型ビジネスなどの情報を発信している次世代型ライフスタイル構築ブログ


テーマ:


相手がミスをしたりして、落ち込んでいる時に日本語で「ドンマイ!」といいますよね?


おそらく英語の「Don't mind!」が元となっているのですが、おかしな和製英語の1つです。

英語のニュアンスでは、


「気にするなよ!」=「Dont' mind!」は間違いです。


それだと「(I)don't mind!」(僕は構わないよ。)になってしまうため、

相手を励ましたつもりが、「僕には別に関係ないから。」という意味になってしまうので大変です。



「気にしないで!」「気にするなよ!」の正しい英語表現の中でもネイティブがよく使うものは・・



「It's no biggie!」(発音:イッツ ノービギー!)


 "biggie"は「大きいもの、巨大なもの」という意味なので、「大したことないよ!」という感じです。

  似た表現で、「It's no big deal!」も同じ使い方が出来ます。


「Never mind!」発音:ネヴァーマインドゥ!)

これが日本語で言う「ドンマイ!」にあたる表現ですね。

「気にしないで!」「そんなに落ち込むなよ!」と言った具合です。


「Don't sweat it!」(発音:ドントゥ スウェッティッ!)


動詞「sweat」=「汗をかく」という意味ですので、そこから転じて「ヒヤっと心配する」という意味にもなります。

その否定形なので、

「汗をかく必要はないよ」=
「心配いりません」「気にするなよ」といったニュアンスになりますね。



▼ それぞれ、どういった時に使うのがベストか?



・「It's no biggie!」

 
相手に謝られたりして、「気にしないで!」「大したことじゃないから!」と言いたい時。
 「That's ok」にも近いですね。


      例:「I'm sorry to keep you waiting for a long time.」
        (長らくお待たせさせちゃいまして、すみません。)

        「It's no biggie.」
        (いいえー、気にしないで下さい。

  
・「Never mind!」


先に書いたような相手がミスをして落ち込んでいたりしていて、相手を励ましたい時に使います。

感覚的には、日本語で「ドンマイ!」と言いたい時と言えば分かりやすいかもしれないですね。


  例:「Oh I'm really stupid..」(私ってなんてバカなんだ・・)

    「Never mind!」(気にするなって!ドンマイ!)



・「Don't sweat it!」

これも「心配するなよ」が直訳ですから、「Don't worry」と同じ使い方が出来ます。

「大丈夫だって、心配ないさ。」と相手に言いたい時がベストです。


  例:「what if he's cheating on me..」
              (もしも、彼氏が浮気してたらどうしよう・・)
    
    「Come on,don't sweat it!」
              (おいおい、大丈夫だって、気にすんなよ。)


他にも、泥棒たちが警官をよそ目に・・

    「That policeman is watching us!」
               (あの警官、こっちの方見てるって!)

    「Hey,don't sweat it! Go!」
             (気にするな、早く行け!)

のように使いますね。

それぞれ細かいニュアンスの違いはありますが、

基本的には「気にするな。」と言いたい時に使えますので、上手く日常生活で使い分けてみましょう!

ちなみに、ドンマイの「Dont' mind」はどういう時に使えるかというと

例えば、

友人がパーティーに自分の違う友人を連れて行っていいかと尋ねられた時などですね。


     「Can I bring some of my friends too?」
             (私の友人も連れて行って良い?)
    
    「Sure, I don't mind.」
              (ええ、構わないよ。)


みたいな返しで使います。

こちらも覚えておきたい表現ですね!

※しつこいですが、「ドンマイ!」と言いたい時にそのまま

「Don't mind!(ドンマイ)」と言ってはダメですよ(笑)

「Never mind!」です!

追伸:

「いざ、旅行などで英語を話すとなると、口から出て来ない・・」

「仕事や家事が忙しくて、中々英語を学ぶ時間が無くて・・」

といったご相談を最近、特によく受けます。


特に、英語学習に関しては、


”楽しく学ぶ”

も大事ですが、

最短でムダ無く理想の英語力を達成するには、

”正しいやり方”

を知っているか? 

が一番大事なポイントになってきます。

自分の場合、正しいやり方を世界的な英語学習の権威の七田眞さんに教えて頂いたのが大正解でした。

英語がスッと出てくるようになる感覚を覚えたのは、
七田メソッドを習得し、自分なりに応用したのが大きいです。

唯一、私がおススメしている英語上達ノウハウになります。

⇒ 『37万人が体験した七田式60日間英語マスターメソッド』
※クリックすると別のウィンドウで紹介ページが開きます。


学校では習わないネイティブが使う言い回しや、

日本人だけが知らない英語の発音の仕方のコツなどなど、

色々と効率よく学べたのが今でも活きています。

あまり大きな声で言えませんが、
巷の英会話学校に同じお金出して行くなら
七田さんの教材を実践した方が圧倒的にためになります..(笑)

英会話×IT×旅×ビジネス ライフブロガー TAKAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス