2015年2月。HSBC香港口座開設、また厳しく | 香港IFA玉利の海外投資夜話
2015年01月12日

2015年2月。HSBC香港口座開設、また厳しく

テーマ:HSBC香港
またもや暗雲が漂ってきた。

どうやら来月2015年2月より
HSBC香港の口座開設の際に
英語または中国語での
相応のコミュニケーション力が
求められるようになりそうである。

ちょうど
一昨年の12月から
昨年の1月いっぱい、
HSBC香港は口座開設希望者に
職員と交流できるだけの語学力を
厳しく要求されるようになった。

上記の期間は
サポート業者が通訳に入ることが
認められず希望者はHSBC担当者と
マンツーマンで話をすることが求められ、

そこでコミュニケーション不能と判断された
人の中にはせっかく香港まで来たにもかかわらず
目的の口座開設を果たせずに帰国する人もいた。

しかしこれには
日本からの利用者も大いに
反省すべき点は少なくない。

香港という
自由度の高い地域にあって
日本からもインターネットバンキングで
容易に操作が可能なHSBC香港は
日本人の間で海外のメインバンクとして
絶大な人気と知名度を誇っている。

しかしそれだけに、

「友達がやるから私も!」

とか、

「せっかく香港に来たからついでに!」

みたいな軽い動機で
口座開設に臨む人が少なくないのも事実だ。

全員がそうだとは言わないが、
そうした動機で口座を持った人は
後々あまりそれを使わないことが多い。

これは銀行側にとっては
あまりありがたくないことであるのは
想像に難くないだろう。

しかし、
HSBC香港にとってもっと困るのは
口座開設をしたにも関わらず
あまり使わないからと預金を引き出して
放置してしまうことである。

日本の銀行だけを
使っているとあまり馴染みはないが、
海外の銀行には最低預金額というのがあって
その預金額がそれを下回ると
口座維持管理料という手数料がかかるのだ。

treeonthebeach

ちなみにHSBC香港の場合は
プレミア、アドバンス、
パーソナルインテグレーテッド、
という3種類の口座があって、
それぞれの最低預金額と口座維持管理料が
以下のように規定されている。

プレミア:最低預金額 1,000,000HK$  口座維持管理料 380HK$ /月
アドバンス:最低預金額 200,000HK$  口座維持管理料 120HK$ /月
パーソナルインテグレーテッド(旧スマートバンテージ):最低預金額 10,000HK$  口座維持管理料 60HK$ /月

すなわち、
口座を開いたのは良いが

「あまり使わないから」

とか、

「管理が面倒だ」

などという銀行側からすれば
身勝手な理由で預金を引き出すと
手数料が引かれていって、
残額がなくなり最後には貸越(マイナス)になってしまう。

その段になって、
銀行は顧客に電話連絡を
入れたりするが日本人の多くは
読み書きはできても英会話は苦手である。

結局、
問題は解決できずに
やむなく口座は強制閉鎖となる。

こうしたことが続けば
HSBC香港が口座開設希望者に
ある程度の語学力を求めるのは
自然の成り行きなのである。

>>>>内容に満足されたらこちらをクリック!

tamayanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ