2015-05-14 02:24:05

★書巡礼「天と地」

テーマ:ブログ
ワインではありませんが、
柏木白光先生の展示会が伊勢で終わりただいま熊野本宮で開催されています。

この「天と地」書巡礼プロジェクトは6年かけて55カ所で書かれたものです。
http://www.byakko.info/ten_to_chi/place.php

{16311FC4-FDD4-4722-8AFA-D41D50D407B1:01}



{F16D1038-76CC-43E1-B66D-EA7ED5A4CD7D:01}



5メートルもある大作も古道で書かれたものです。
{79AFB852-D0DF-46DF-8E01-DF5B5403DBDD:01}



最後の作品は熊野本宮で書かれました。
日本サッカーの聖地でもある八咫烏が守り神です。
{37DB104D-031B-4AE1-95F4-FD290D9F0DBD:01}



夕暮れの境内は神秘的です 参拝をした後に
{251F09F8-A7CF-4627-BE81-1AEA0264DF59:01}



気合いの作品 ピリピリと張りつめる空気と思いきや
なぜか温かく柔らかい
{5A7EAC32-C25F-4C7A-B043-0B0B51657386:01}



「翔夢」と書かれた作品
6年経てもまだ飛び続けるという願いと意思が込められています。
奇しくも未年の今年。「翔」という字の巡り合わせは不思議です。
{E2F61232-07C6-49E6-8B51-4AC2E70BE702:01}



翌日のオープニングセレモニーでは地元の和太鼓の演奏から始まりました。






一堂にかいすことがあり得ない豪華なテープカットの面々です。
熊野本宮大社宮司様、熊野那智大社宮司様、熊野速玉大社宮司様、田辺市長に県議泉氏。
展示会の期待度と凄さが現れていますね。
{46A89909-CB11-4BDB-80DC-8E94B3EEFEF7:01}




山伏の方々のお経と法螺貝






法螺貝を吹きながら会場内へ
作品を清めていただいて終了。
{6586EA2F-67AD-4C6A-9132-1378514E1543:01}





17日まで熊野本宮向かいの世界遺産熊野本宮館にて開催されています。

その作品量と作品のヴァリエーションにも息をのみます。
梵字や絵、作詩まであるからです。
秘境ではありますが、もしいらっしゃる機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

溢れるパワーももちろんなのですが、
書く使命を持っている人の周りには
書かせる為に不思議なご縁が道のように拓かれているのを感じます。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ワインライフプロデューサー・ワイン心理学 平野美穂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿