坂本美雨さんとリトル・ミス・サンシャイン試写会 | あるBookwormのつれづれ生活

あるBookwormのつれづれ生活

お酒・食・本・旅・・・他

本日はMagazine Houseのイベントで坂本美雨さんトークショーとリトル・ミス・サンシャインへ。


坂本美雨さんといえば、私にとってやはりこの衝撃的な曲が忘れられません。

坂本龍一 featuring Sister M, 坂本龍一
The Other Side of Love

儚く淡々とした歌が心に残っています。


何かのドラマの曲になっていたような・・・・。


本日はその美雨さんがリトル・ミス・サンシャインについて話していたのですが

彼女の生活が垣間見え、そだけでも、試写会に参加して良かったと思っています。


リトル・ミス・サンシャインは9歳の娘を美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」

というコンテストに出場させるため黄色いおんぼろミニバスに乗り込むフーヴァー一家のお話です。


コンテストのシーンでは、ふとジョンベネット殺人事件を思い出しました。


ジョンベネット殺人事件のニュースでは、ジョンベネットちゃんが美少女コンテストで踊る

映像が何回も流されていたような。


アメリカではああいう6歳~7歳の少女が出るコンテストが普通に開催されるのでしょうか?


大人顔負けにフルメイクでダンスをしている姿がせつなくなりました。


この映画は深く考えなければ家族の絆を感じることができるほんわかできる作品。


深く考えなければ  という言葉・・・


私の毒が入っていますが、この映画の後、

この家族はどうなったのだろうっとついつい考えてしまいました。


でも家族の絆は色々な問題を乗り越える強さにつながるのかもしれません。


ちなみに絶妙な感じでどたばたしてコミカルなシーンもあり笑いが自然におこり、楽しめます。


この映画は東京国際映画祭でオーチャードホールが満席に近い作品だったそうです。


私の東京国際映画祭日記↓


http://ameblo.jp/bookworm-diary/entry-10018738344.html


お正月公開の作品ですのでぜひお試しあれ。