玻璃の天/北村 薫

北村薫 文藝春秋 2007


 『街の灯』の続編。続編があるらしいと聞いてはいたけれど、タイトルもよくわからなかったのだが、偶然わかって、読むことができた。といっても、前作を結構忘れていた。忘れてはいたけれど、楽しめる作品に仕上がっていた。


 今回も運転手のベッキーさんとともにちょっとした謎などを解き明かしていく。時代はますます戦争に向かって突入していきそうなきな臭い頃。この後の英子とお兄さんやこの家族の行く末が気になる。


 様々な文献を調べ、昭和初期の出来事などを交えながら、昭和の上流階級の生活を垣間見ることができて、そういう点でもとても楽しい作品だった。

街の灯/北村 薫