おいしいコーヒーの裏側

テーマ:

「おいしいコーヒーの真実」 より
※こちらのサイトに出てくる数字はイギリス国内で調査されたデータに基づくものです。


知っていますか?
私たちがカフェで飲む、コーヒー1杯(平均で)419円のうち、
一体いくらコーヒー農園に支払われているか。


たった1.7円です。


内訳はこうです。
・コーヒー農園 0.4%
・流通・輸出業者 0.5%
・輸入・焙煎・小売業者 8.2%
・カフェ 90.9%


国際コーヒー協定が破綻して以来、

コーヒー豆は30年前の価格にまで落ち込みました。
世界のコーヒー豆の価格は、

イギリスやニューヨークの商取引所で決定されます。
その価格は、コーヒー大国ブラジルの収穫量や天候、
そして、投機家たちの行動によって変動するそうです。
小国の収穫量や生産者たちの必要性など、

国際価格にはまったく反映されません。

そうやって、安く搾取されていった結果、

コーヒー農民たちは貧窮にあえぎ、
子どもたちは学校に行けず、

ろくに食べることすら出来なくなりました。


コーヒー発祥の地、そして高品質な豆を産出することで

知られているエチオピアでは、
現在700万人が緊急食糧援助を受けています。
5人に1人が、コーヒーで生計を立てているのだそうです。
ドキュメンタリーの中で、配給待ちのお父さんが話していました。
「働いても働いても自立することができないって事を、
子どもたちに教えているようなものだ」


何十億という人が、毎日飲むコーヒー。
なのに、その豆を作っている多くの農家が困窮する、

不公正な貿易のシステム。


アフリカの貿易シェア(取り分)が1パーセント増えれば、
年間700億ドルを創出できるのだそうです。
それは、アフリカ全体が受け取っている援助額の5倍に相当します。
アフリカに本当に必要なのは、援助という「お恵み」ではなく、
自立するためのプログラム。
そして、それを実現させることができるのは、
先進国で暮らす私たち消費者です。


コーヒーだけではありません。
アフリカだけの話でもありません。
南米のコーヒー農家は、「売ればマイナス」になるほど深刻な状況だそうです。






         私たちにできること


★少し余裕のあるときは、「フェアトレード(公正な取引)製品」を選びましょう。
★カフェでコーヒー(または紅茶)を飲むとき、「フェアトレード」製品や、
 環境に優しい「シェードグロウン(日陰栽培)」製品を注文しましょう。

(見当たらないときは、店員さんに訊いてみましょう)


AD

怒涛の連日ブログ更新です(それほどでもないですが)。

書きたいテーマは色々とあって、優先順位もあって、

マイペースに更新してたら書きたいことはたまっていく一方。

忙しくなる前に少しピッチをあげて・・・

今日は(も)「マクロビネタ」で行きます。



約5ヶ月前、魚を食べなくなって、人間の栄養学の「え」の字も知らない私が

動物性たんぱく質の代わりに、何を食べていいのかわからず悩んでた頃に

出会ったこの1冊。



「オレンジページ」から出てる「玄米がおいしい」。

この本のおかげで、

「動物性たんぱく質摂らないでいいならもう何でもいいや」から

「おいしく、健康に食べたい」に意識が変わりました。

そして、まだまだかじり程度ですが、どんどんハマってった

「マクロビオティック」。


「マクロビオティック」って、

「一物全体」(生命あるものはそれ1個で調和が保たれているという考え方)とか、

「身土不二(しんどふじ)」(自分の暮らす土地で季節に取れたものを食べることで

身体のバランスが整う考え方)とか、

「砂糖を使わない料理法」だったり「動物性たんぱく質を摂らない食事法」

だったりしますよね。


何冊読んでも、まだ(?_?)のとこはいっぱいありますが、

「オォ~!」「へえぇぇ!」と驚嘆した本、

「マクロビオティック入門」には、「マクロビオティックとは何か?」が、

こう書かれています。



ちょっとだけ転載。

『マクロビオティックでは陰陽の原理から、温帯に住む人々には

中庸のエネルギーを持った食物をすすめていますが、

その食物の構成については、

地球と生物の進化の過程にその基礎をおいています』


地球がガス体から固まって地表に水ができる→原始的な藻など、

単細胞生物が生まれる→それを食べる軟体生物も同時に生まれる

→水中にミネラルが増えて海水になる→海草や海中植物が生まれる

→骨を持った魚が生まれる→地球に陸地が形成されると、

苔や原始的な草の類が生まれる→両生類が生まれる→

シダなどの古代植物が出てくる→爬虫類や鳥類が生まれる→

草類などの近代植物が出てきくる→哺乳類が生まれる→

種を持った植物や果物が出てくる→サルが進化


『↑のように、地球環境の変化によって植物が進化し、

それに対してどうぶつが進化するわけですが、

人間への進化は直立する穀類を食べたことが大きな要因となっています』


そして、この28億年の単細胞からの進化は、

母親の羊水の中で再現され、

陸上での4億年の進化は、生後1年で再現されると書かれています。

(妊娠期間の母親の食生活が、子どもの人生に決定的な影響を与えるそうです)


母体の中で、赤ちゃんは母親の血液をもらい、

生まれてからは母親のお乳をもらう。

これで、人間がとるべき一生分の動物性食物はとり終えるのだそうです。

お母さんのお腹の中で28億年もの進化を一気にとげる。

妊娠って、スゴイですね。




・・・ええ。

ウチに妊婦さんはいないので、代わりに妊婦さんのような出腹を持った、

ウチのとっつぁんを載せてみました。

我が家で唯一のオデブですが、

これでもマクロビを始めてちょっとお腹引っ込んだんですよ~。

(とっつぁん、ネタに使ってゴメン。健康に長生きしてくれ)


で、動物性食物をとり終えたその後は、人間を人間ならしめた穀物を主食に、

進化を辿って豆類、野菜、果物(たまに)、種子などを副食にとることが

大事なのだそうです。

つまり、人間に進化するために必要だった食物を、

それぞれの配分を決めて摂るのが、マクロビオティック。


私の毎日の食事では、この九司道夫さんのマクロビを教本に、

それぞれの配分を決めてます。

穀物50%、野菜(葉、円形、根をバランスよく)30%くらい、あとは豆類、海草・・・

って風に。


でも、この本、ぜひ一度読んでみてください。

マクロビには「望診法」というのもあるのですが、

そのひとの特徴(例えばカオ)で、いつもどんなものを食べているか、

どこが悪いのか、なんていうのもわかるそうです。

末期がん、アトピー、成人病、精神的な病、エイズにまで効果があると言われている

マクロビの奥深さに、目からウロコが落ちるかも。

(時々精神世界のこととかも書いてますが、そこらへんは(?_?))


マクロビ始めて約5ヶ月。

劇的な変化はないけど、徐々に自分の体が変わってきたことがわかります。

5ヶ月前ずーっと痛かった胃が、すっかり元気になったのがまずウレシイ。

お刺身大好きだったマミーが、「食べたいと思わなくなったわー」と言います。

(とっつぁんは未だめざしは食べてます。大好物なんです、止められません´`)

マクロビのレシピも本当にたくさんあって、

こんな歳になっても料理の「り」の字も知らなかった私のウデもあがったし^^

たまねぎのみじん切りさえ出来なかったのが、

今じゃぁ千切りなんてお手のモンです。



はい、コレせん切りですよ?


食べ物を大切にすることも自然に身につきました。

根菜とか、皮むかないんです。

ブロッコリーも、これまでフサフサのとこしか食べてなかったんですけど、

茎も食べられるって知ってましたか?


                            この茎を、


こんな風に皮むきます。



今日の我が家の手抜きメニュー


              


「穀物50%、野菜(葉、円形、根をバランスよく)30%くらい、あとは豆類、海草・・・」


・・・今日はちょっと配分違うみたいです。

真ん中のは揚げ出し豆腐ですが、どう見てもおっきいですね。

こんな日もあります^^


◆左上から、ブロッコローとトマト(湯むき)とブロッコリースプラウトのサラダ

(本当はナマ野菜とかトマトはよくないのですが、夏だからいっかなーと)

これはちょっと陰にかたよってます。


◆かぼちゃ(中庸)の茶巾冷やしくずあんかけ

中庸のかぼちゃをじっくり煮てる(中庸)ので、やっぱり中庸です。(たぶん)


◆小松菜(陰よりの中庸)と人参(中庸)の即席漬け

塩を使うことで、少し陽向きに。(ちょうど中庸くらいかな?)


◆タマネギ(中庸)とわかめ(中庸)のお味噌汁

お味噌は麦味噌を使ってます。


◆揚げ出し豆腐

陰の豆腐を、揚げる(陽)ことによって中庸に持っていきます。


◆玄米ごはん。

炊飯器がぶっ壊れたので圧力鍋で炊いてます。

圧力鍋のほうが断然おいしいです。


今日のメニューのほとんどはこのレシピ本から





これだけ作るのに、1時間半くらいかかってしまいました。

なぜ「手抜き」かというと、

ほんとだったら1品の中に複数の材料入ってるほうがいいからって理由です。

でも、レシピはメチャかんたんです^-^

動物性たんぱく質抜きの料理を作ったことない方は、

ぜひ一度チャレンジしてみてください。



ああ・・・こんな記事でマクロビの良さが伝えられたかとても不安。。。

マクロビが広がる→畜産動物がいなくなる→

病気にもならないので動物実験もなくなる

畜産動物がいなくなるので地球環境が良くなり、餌に使われる穀物も、

飢餓に苦しむ国に行き届き多くの人の命が救われる→

人の心が安定し、動物虐待も争いも戦争もなくなり、

世界が平和になる。


こんな風にうまくはいかないかもしれないけど、多分

ヴィーガンになった動物愛護活動家の多くが願ってるように、

何十年、何百年かけても、いつかはそういう世界になってほしい。



AD