リーチマイケル!!

テーマ:
ラグビーW杯まであと112日!

今回はラグビー日本代表主将のリーチマイケル選手をご紹介したいと思います。


たくさんテレビにも出てるのでほとんどの方が知っているかと思います。
現在30歳でニュージーランド出身です。
15歳の時に札幌の高校に留学をして、2013年に帰化。
2015年W杯の日本対南アフリカの勝利の立役者でもあります。
その時から主将だったリーチマイケル選手は29対32で負けている中で日本はラストチャンスのプレー。
安全にペナルティキックで3点かスクラムでトライをして逆転を狙うかという選択の中で、世界中の人がペナルティキックを選択すると思いきや、リーチマイケル選手だけはフィールドの選手の表情やゲームの流れ等を読みとってスクラムを選択し、見事逆転のトライ!
「史上最大の番狂わせ」と言われる激戦を制したのは引き分けを良しとせず、最後まで攻め続けるという気持ちの表れだったと思います!
リーチマイケル選手は現在ケガをしていてリハビリ中ですが、冷静な判断が出来て気持ちでチームを引っ張る頼もしい主将は必ず本番までにはケガをして帰ってきます!
日本代表がグループステージ突破やその上に行くためにはリーチマイケル選手が必ず必要です!