ぶぅパパの家庭菜園 ー ときどき猫

趣味の園芸と我が家の猫たちの様子を綴っていきます。
知恵と勇気と少しの薬で美味しい野菜作りを目指します!
基本は種から!接ぎ木にも挑戦中!!


テーマ:

相変わらず大暴れしている菜園ニャンコに絡まれながら早朝作業してきた、ぶぅパパです。

 

 

 

 

 

今朝も良い天気♪ ぶぅパパ菜園はもものすけ一味の縄張りになった様で、他のニャンコが近寄らなくなりました(笑)

 

 

 

 

 

さてさて、今朝は11月19日に定植したエンドウマメの間引きをすることにしました。 手前3株がウスイエンドウ、奥3株がスナップエンドウのグルメタキイ種苗)です。 今のところ霜害は無さそうですね~ と言うか、11月22日の初霜以降、一度も霜が降りていないんですけどね(笑)

 

 

 

 

 

あ゛~っ!

 

 

 

 

 

もうね、毎朝こんな感じで作業が捗らないんですよ~ 折角のシルバーマルチがドロドロボコボコです(笑)

 

 

 

 

 

もものすけを遠くに連れて行って、戻ってくる間に間引きしちゃいます! 弱そうな苗を根元からチョキン! ※ウスイエンドウの苗です。

 

 

 

 

 

まー スグに戻って来ちゃうんですけどね(笑)

 

 

 

 

 

エンドウの間引き菜は美味しいかな?

 

 

 

 

 

1カ所2本立ちにしました。 1本立ちでも良いのですが、万が一の事を考えると2本立ちが安心ですね~

 

 

 

 

 

スナップエンドウも1カ所2本立ちにしましたよ~

 

 

 

 

 

12月中旬まで氷点下になる事は無さそうなので防寒対策は無しです! 今年は厳しく行きますよ~

 

 

 

 

 

こちらは11月29日にハウス内のプランターに植えたウスイエンドウ(左手前)と、スナップエンドウのグルメ(右奥)です。 あまり変化はありませんが~

 

 

 

 

 

ついでなので間引きしました。

 

 

 

 

 

ビフォア&アフター♪ ウスイエンドウです。

 

 

 

 

 

スナップエンドウは最初から2本立ちだったので、そのまま! そろそろネットを張ってあげないと倒れちゃいそうですね~ また後日、ネット張りの様子をお伝えしまーす!

 

 

 

 

 

今日は間引きのみの簡単更新なので、久しぶりに車ネタを(笑)

 

以前、ぶぅパパはGT-Rの前身であるSKYLINE GT-Rに乗っていました。 最初に乗ったのはBCNR33(なんとなくN1仕様)。 前モデルのBNR32より大型化されたボディに失望した・・・なんて漫画のセリフに影響され不人気化してしまった可哀想なGT-Rです。 ローレルベースですから、そう言われても仕方ないかも知れませんね(笑)

 

確かに頭文字Dに出てくる様な峠道やジムカーナでは、そのパフォーマンスがスポイルされてしまいますが、高速走行ではBNR32とは比較にならないほど良く走る車なんですよ。 乗ったことが無いのにウンチクをタレている人は乗ってみるべきです。 もちろんノーマル車に。

 

その後しばらくしてBNR34が発売されました。 最初は乗り換える気が無かったのですが、足回りにガタが来ていたこともあり、V-SpecIIに乗り換えました。 このBNR34が良く走るんですよ! ノーマルのV-SpecIIが手に入るなら、今でもコレクションとして欲しいほどです。 

 

その後ヤレてきたBNR34に別れを告げ、Z33、Z34を乗り継ぎ、今のR35 GT-Rに乗り換えました。 なんだかんだ言って車は新車に限ります! メンテナンスを続ければ長く乗る事も出来ますが、それも限界があります。 何より古い設計の車は乗っていて疲れます・・・ 正直、昭和世代のオッサンにはキツイです(笑) 

 

 

 

 

 

さてさて、エンジンフードを開けるとR35 GT-Rの心臓部、VR38DETTが現れます。 GT-Rのエンジンは直列6気筒のRB26DETTしか認めない!なんて言うマニアもいらっしゃいますが、ぶぅパパは最新型のVR38DETTこそが正常進化を遂げた至高のエンジンだと思っています。

 

確かにRB26DETTは素晴らしいエンジンです。 280psとは言え、当時のシャシーには十分すぎるほどのパワーとレスポンスを発揮してくれました。 ただ、VR38DETTは次元が違うんです。 大排気量・大パワーの車を乗り継いできた ぶぅパパが、少し怖さを感じる程の暴力的なパワーを発生します。

 

アクセルを踏み込むときは隣の奥さんに一言かけないと怒られるんですよ(笑) ローンチスタートをする場合はムチ打ちに注意!なんて恐ろしいことが取扱説明書に記載されているほどです。 

 

 

 

 

 

ちなみにR35 GT-Rはマニュアルトランスミッション車です。 クラッチペダルが無いので『オートマじゃないの?』と思われる方もいらっしゃると思いますが、紛れもなくM/T車です! DCT(Dual Clutch Transmission)と言う、クラッチ操作等を勝手にやってくれる中の人が変速を手伝ってくれます。 ※オートマ限定免許でも運転出来ます。

 

変速はオートマチックモードとマニュアルモードの2種類。 マニュアルモードではハンドルに固定されているパドルで手動変速、オートマチックモードではアクセルワークや車速に最適なギヤポジションに自動変速してくれます。 速く走るならオートマチックモードがベストかな? マニュアルモードの方が乗りやすいんですけどね~

 

そんなDCTのお陰で、R35 GT-Rは最新のスーパーカーに引けを取らない加速性能を発揮します。 後ろからシロンが来たら、素直に道を譲りますけどね(笑) 

 

 

 

 

 

VR38DETTは3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンです。 ぶぅパパが乗る2017年モデルでは歴代モデル最高の565psという大パワーを発生します(除くNISMOモデル)。 フェラーリ様やランボルギーニ様に比べると地味な印象の外観ですが、中身はホンモノ! 日産社員の中で数人しか居ないと言われる“匠”の皆さんが1台1台手組しています。 ぶぅパパのエンジンは“Hiroyuki Ichikawa”さんが組んでくれたんですね~ 

 

ぶぅパパ、このGT-Rは手を入れず最後までノーマルで乗ろうと思っています。 以前乗っていたR33、R34は自分で手を入れることが出来るほど単純に出来ていましたが、R35は無理! ネジ1本、ヒューズ1本外そうと思いません。

 

もうサーキットを走る事もないでしょうし、手を入れる隙が無いほど完成度が高いですからね~ 外観についても『お金で買える物に個性は無い』と言う持論を持っているので、いじる気はありません。 オッサンになるとノーマルの気軽さが心地よく感じるんですよ(笑)

 

 

 

 

 

まーまーアンチさんが居るR35 GT-R MY17ですが、ぶぅパパはコレで良いと思うんです。 旧モデルは色々ガチャガチャしていますし、街乗りなら旧モデルの中古車よりシッカリしていて乗りやすいと思います。 もし新車の旧型NISMOが手に入る状況でも、迷わずMY17を選びます。

 

今のGT-Rはスポーツカーでもスーパーカーでも無いと、ぶぅパパは思っています。 確かに早く走るし外観もそこそこイカツイです。 でも街乗りでは、ちょっと乗り心地が悪いラグジュアリーカーというのが一番シックリ来るんです。

 

大きさの割に取り回しは楽ですし、シートにはヒーターだって付いてるんですよ~ スイッチオンでオシリあったか♪ そんな車がサーキットをビュンビュン走ってたら嫌じゃないですか(笑) まぁ、実際にビュンビュン走っているわけですが・・・

 

色々気に入らない部分は有りますが、この価格でコレだけの物が手に入るなんて有る意味奇跡です。 製造会社の方はアレな感じで超ゴタゴタしていますけどね(笑)

 

そろそろ次期モデルの噂も出てくるでしょう。 ぶぅパパ、GT-Rはこの路線で正常進化を続けて欲しいと思います。 一般向けはラグジュアリー感を前面に、サーキット向けはライバル車に負けないスペックを、と言うのが良いんじゃないですかね? オッサンでも乗れる、楽しいGTカーを楽しみますよ~ 

 

 

 

 

やっちゃえ日産!

 

 

 

 

 

さてさて、昨日は天気が良かったので、県内の道の駅巡りをしてきました。 ランチは露店で売っていたドネルケバブでルネッサーン♪

 

 

 

 

 

晩ごはんは、道の駅で買ってきた千葉県民のソウルフード、太巻き寿司

 

 

 

 

 

デザートも道の駅で買ってきたあんころ餅♪♪

 

 

 

 

 

お出かけから帰った時の、ぶぅの不機嫌そうな顔が好き♪♪♪ いつか、ぶぅこけと一緒にGT-Rでドライブしたい、ぶぅパパでした。

 

 

 

 

 

いいね!コメントブログランキングへの

 

ご投票ありがとうございます!

 

また遊びに来てくださいね~

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

ぶぅパパさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。