BON&イワユウ&さわっっち(仮)&メーカーの4大コラボ釣行 パート4 | 両軸愛者 ~引金派~

両軸愛者 ~引金派~

I am the bone of my bait casting reel .
――― 体は両軸で出来ている


テーマ:
客人が滞在しているのに、さも当たり前のようにパンツ一丁で過ごす者です。





イワユウ先生がベア・グリルス(通称ベア様)を知らないと言うので、彼の番組を見せてあげましたw





デッ、デッ、デッデン!





今後のイワユウ先生に、多大な影響を与えたのは間違いないと思いますw


ジギング前日の22日は、イワユウ先生の写真撮影のお手伝いでした。


ちなみに私の役割はモデルですwww


色んな場所でルアーを投げまくりましたよ!




















明日にジギング控えているのにも関わらず、80グラムのメタルジグを一日中フルキャストしてやりましたよ。


潮が動いていい感じになった途端に、待ってましたと言わんばかりにウミガメの襲撃を受ける二人。


釣果は残念ながらありませんでした。


流石にフグかエソ位は釣れるだろうと思ってたけど、全然ダメダメでした。


明日のジギングに備え帰宅しようかと考えていた時に、イワユウ先生がポツリ。


「俺、最後にあそこの漁港行きたいわ...。」


あっ、ハイパーロープエリアねw


イワユウ氏の言うあそこの漁港とは?ハイパーロープエリアとは?


そう、大浦港の事である。


通称ハイパーロープエリアと呼ばれる大浦港。


船を係留させるロープがありとあらゆる所に張り巡らされており、常人のアングラーにはロープのストレスがマッハで到底耐えられる場所で無い事で知られている。


しかし、他県の人間にも関わらずイワユウ氏は地元の手練れのアングラー並にロープを躱すのだ!


ロープを躱した者だけが得られる栄光=釣果。


カマス、イカ、カサゴ、ハタ、エソ、ミナミハタンポ、ヒラスズキ(ランカー)を掛けた実績があるのだ。


更にこれだけに留まらない。


イワユウ氏の大浦港のヒット率は100%であり。


宮崎遠征で釣果に困ったら大浦港なのだ。


なのに未だに名前を覚えてくれないイワユウ先生なのですが。


今宵、彼の胸には大浦港の名前が刻まれるのであった。


現場につくとアングラーの姿は無く、ミナミハタンポがライズしていた。


「ハタンポ...しかいないのかな?」


うん、見る限りではね...。


「何故か知らないけど...微妙にスレてない?」


うん...妙にフィッシングプレッシャー掛かってるね...。


「取り敢えずやるか...。」


うん...。


そして、遠征最後となる。


ショアフィッシングが幕を開けた。


開始早々、その時は突然訪れた。


お互いに別々の場所を攻めていると、イワユウ先生の声の唸り声が聞こえた。


「ウゴォッッッ!?」


ジーーー、ジーーー


バシャシャシャ、バシャシャシャ


ロッドは足元に食い込み、ドラグは鳴り止まず、魚は水面を跳ねまくっている。


エラ洗い?ヒラスズキか!!?


急いでタモを取ってくるから頑張れよ!


「くっ...頼む...!」


車へと猛ダッシュでタモを取りに行き、速攻でイワユウ先生の元へ戻った。


いざ、タモ投入!


んん?何やこれ...?


「俺、エバ(メッキ)かと思ったけど...何か目がメッチャデカイし...異常な程に赤いね...。」


タモに取り込む見たことの無い魚を目の前にして、気味悪がって傍観する二人。


しばらくの間、二人で押し付けあっていたけど、釣った者の責務としてイワユウ先生が意を決してフィッシュグリップで掴んだ。








特殊効果の撮影とかしてないのに、妙に躍動感ある写真になったw


調べたんだけど、金時鯛(キントキダイ)っていうみたいだよ。


「ここって、キントキダイよく釣れるん?w」


んー、自分は初めて見たよw


「色んな意味でメモリアルフィッシュが出るねココは!」


いい加減、大浦港の名前覚えようやwww


「大浦港!俺の日南で一番相性のいい場所じゃ!」


こうして、上機嫌で帰った2人でした。


しかし、上機嫌過ぎて明日がジギングなのをすっかり忘れガッツリと晩酌する二人。


更に白熱した釣りトークに花が咲き、イワユウ先生が寝たのは深夜2時、私が寝たのは深夜3時。


流石にお酒は途中で飲むのを控えたとは言え、起床が4時30分ですからね。


あれこれは...船酔いフラグ?


一体、どうなってしまうのか!?


パート5を乞うご期待!

BON@両軸愛者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス