第1回 ヘンマグテスト釣行 11月5日 | 両軸愛者 ~引金派~

両軸愛者 ~引金派~

I am the bone of my bait casting reel .
――― 体は両軸で出来ている

デデデン!デレレレレレレレレデーンデレレーン デレレデデデン!デレレン!デレレレデデデーンテレレテレレレデデッテン!


盗まれた過去を探し(ry


では早速ですがヘンマグのテスト釣行11月5日第1回目の結果を書きたいと思います。


・ポイントデータ


場所:日南市広渡川周辺


潮汐:小潮 干潮20:44


釣行時間:19:30~21:00


・タックルデータ


ロッド:プロックスのオクトパスBC OTPBC70H


リール:プロックスのバルトムBC SALT VBCS100HK


ライン:JSYのドリームキャッチハンターグリーン4号(ナイロン)


やっぱり普通のタックルじゃ面白くないだろ?


ヘンマグを投げるのはプロックスタックルですよ!


正直ロストが一番怖いけど、ガンガンやらなきゃテストにならないのだ!


遠慮なくいかせてもらう!


とりあえず動きがあーだこーだ考える前に


自分の感覚を信じて使ってみる事にした。


頭空っぽにしてとりあえずやってみる。


それがBONイズムなのだ!


ただこの二つはリップが違うのだ。


そこは感覚じゃなくて見てわかる違いだw








今後ウチのブログでは上を一号で下を二号とする。


とりあえず両方を投げてみて


二号の動きが気に入ったので


今夜は二号を中心にやって見ることにした。


シャローに特化しているヘンマグだけあって


シャローエリアを攻める事の多い私にはうってつけのルアーだ。


というか日南はシャローエリアが多いから逆に深い場所を見つけてバイブレーションを投げ込めば・・・うわなにをするやめr


泳ぎは激し過ぎずかといって動かない訳ではない


何ともユラユラとイヤらしい動きだ。


そして何よりこのサイズのフローティングミノーにしては飛距離が素晴らしい。


ベイトキャスティングでこれだからスピニングだと更に飛ぶのでは無いだろうか?


固定重心最高!重心移動とか要らなかったんや!


この日は至る所で魚がワチャワチャしていましたが


その中でもシャローが特に騒がしかったので徹底的にヘンマグで攻めたくってやりました。


暫くすると


バシュ!


と聞きなれない捕食音。


そして次の瞬間。


ググググッ


ロッドが素晴らしいベントカーブを描いていました。


魚キタ━━━━━━━━!!


まだまだ安心は出来ない・・・取り込むまでがフィッシングです!!!


ゴリゴリ、ゴリゴリ


あぁ^~リールがゴリってよくないゾ~これ。


あぁ^~首降ってる首降ってるよぉぉぉぉぉぉ。


って首降ってるけどエラ洗いせえへんぞコイツ・・・。


まさか!?





そのまさかだったぁぁぁぁぁぁwwwwwwwwwwwwwww





あらーヘンマグ最初の獲物は立派なマゴチでしたわw


日南のシャローに巣を食う獣が来るとはな・・・これもきっと神の操作に違いない。


というか今年はマゴチとヒラメのフラットフィッシュが絶好調なんですよねw


ド外道とはいえ初のヘンマグのテストでのキャッチに心踊らせる私を神はどん底へと突き落とした。


そう両軸引金派変熊とは切っても切り離せないお約束ハードボイルドが発生しているのに気が付いてしまった・・・。





ギャース!!!


リップが、リップがぁぁぁぁぁぁ。


取り敢えずド外道とはいえ釣ったは釣りましたが


これ、接着剤でくっつくかな?(震え声)


直らなくてもまだ一号があるので引き続きテストを頑張りたいと思います。