書籍女社会の歩き方
 

皆さま こんにちは、ぼのこです!
前回の記事でもお伝えしたように
しばらく体調不良で更新が
滞っておりました😭🙏💦

本日は
「ぼのこと退職の日」の
後編をお届けいたします📖
前編のお話はこちらよりどうぞ
 

>>第1話はこちらから💁‍♀️

>>┗最終話はこちらから

>>ぼのこと退職【マキコさん編】
>>退職を伝えたときの部下の反応シリーズ

あとがき

第一印象は「怖い印象」だった
百貨店の社員さんたち
でも本当はみんなあたたかい人で
「いつでも戻っておいでね」
と見送ってくれました

また私はもともと大人数での
飲み会が苦手な方で

特に若手社員の頃は
送別会なんて時間の無駄
お金の無駄、行きたくない
そう思っていました
(今も正直思っています…)

でも誰かが自分のために
その人の貴重な時間を使って
会場を探してくれたり
ギフトを探してくれたり
当日お祝いしてくれたり…

そういうことが好きだよ
というタイプの人もいれば

私のように苦手だけど
一応お世話になったし…と
渋々に参加しているような
タイプの人も
きっといることでしょう

でもそのどちらも本人たちの
「貴重な時間」を
消費していることには
変わりない

「時間」という何ごとにも
変えがたい「ギフト」を
私は今こうして
受け取っているのだということに
心からの感謝と喜びを…!✨

そして誰かのために使った時間は
きっと「たくさんの喜び」を連れて
いつかまた その人の元へと
戻ってくるものなのだと
深く感じた送別会でした🕊

そして
私の店長としての最後の仕事
それは自身の思いを素直に
まっすぐに伝えることでした

"ひとりひとりの持つ
「自分らしさ」を大切に
互いに尊重しあうこと"

"そして「自分の毎日を
充実させること」を
精一杯に頑張ること"

この気持ちをどうか忘れずに
日々を過ごしてほしい

それさえきちんと出来ていれば
自然とチームは強くなる

そして
次に自分が向かうべき場所が
きっと必ず見えてくる!

何故なら人生とは
ゴールとスタートの連続によって
成り立つものなのだから…!✨
 
  ↑↑ 過去のお話はこちら ↑↑ 


イベント情報のご案内

 

フォローしてくださると嬉しいです




​​​​​  

 

最近の記事