埼玉久喜✼オステオパシーでボンサンテ 〜ホリスティックケアでカラダ×ココロ×ほどける〜

『家族の治癒力をまるっと底上げ』をテーマに、カラダのことを学ぶ講座やアロマやクレイを使ったお手当の講座、また施術者としてオステオパシーベースの施術でお手伝いをさせていただきます。


テーマ:

JR宇都宮線・東武伊勢崎線 久喜駅3分

ホリスティックケアサロン ボンサンテの

服部律子です。

 

 

 

 

新学期になってすぐ、学校で歯の健診があり、「虫歯あり」の紙をもらってきた長男。

 

 

まずは現状把握しないとね、というわけで予約をしまして、行ってまいりました。

 

 

そうしたらなんと!奥歯の永久歯が虫歯だと・・(´□`。)

 

 

生えてきた時から、そこの永久歯、色が違ったんです・・。

 

 

で、歯医者さんにも何度も診ていただいているんですけど

 

 

「ここはエナメル質形成不全で虫歯ではない」と言われ続けてきたんですけど・・

 

 

今回から歯医者さん変えまして(ドッグベストセメントの取り扱いがある歯医者を近所に見つけたので!)、「これは明らかに虫歯」とのご判断(T▽T;)

 

 

(帰ってきて調べましたら、エナメル質形成不全の歯は当然脆いので虫歯にもなりやすいのだと。なので、前に診てもらった時はまだ虫歯ではなかっただけなのかも?)

 

 

とはいえ、日本ホロソフィー協会の中壽賀先生の歯のお話を聞きに行ったばかりでして、即削りましょうという選択肢は取りたくなく(日本じゃ簡単に削っちゃいますけど、ヨーロッパでは二十歳以下の子は削ったりしないそう)、

 

 

まずは経過観察することにいたしました。歯医者さんもそれでもOKと言って下さったのはちょっと心強かったです。虫歯の部位のみフッ素塗られちゃいましたけど

 

 

だからと言ってぼーっと経過観察だけしていればいいわけではなく、ココはできることがあるのです。ということを学んでおいてホントによかった!

 

 

{F89DCA84-D50C-4D3C-8C4C-D0FA9BFDE515}

講座の写真を拝借

 

 

 

そもそも歯に問題が起きるということは、カラダがどこか弱っているということ。そこと向き合わずして解決は難しいのです。

 

 

もちろん口の中、という部位ならではの特殊事情もあります。

 

 

 

 

口の中のphが酸性な時間が長いと再石灰化がされる間がなくて虫歯は進みますので、チョコチョコ食いはハイリスク。食べ物の偏りも言わずもがな。

 

 

生活習慣の乱れやストレスは身体を酸性にしますのでそれももちろんよろしくない。

 

 

カラダが酸性な人は腸が炎症していることが多いそうですが・・・

 

 

長男の腸はあまり良い状態ではありません。(帝王切開で生まれていることも大いに関係しているかと。)ちなみに異常にくすぐったがりな人は腸内環境よろしくないそうです(^_^;)

 

 

そして歯は一本一本が内臓と繋がりがあるそうでして、今回虫歯になった歯はまさに肺や大腸と関連のある歯で!

 

 

なんだか一気に色々腑に落ちてしまいました。

 

 

歯ってカラダの中で特別な部位では決してないのだな〜どこを元気にしたい時も同じ。

 

 

まずは生活習慣見直して治癒力のベースアップ!

 

 

再石灰化が進んで自然治癒することを祈りつつ・・特にストレスケア、腸のケア、食べ物のケア、は重点的に取り組んでいきたいと思います。

 

 

ホリスティックケアサロン ボンサンテ

埼玉県久喜市久喜中央2丁目(詳細はご予約時にお伝えいたします)
ガイコツ主宰プロフィール
ガイコツボンサンテの施術ご案内

ガイコツ最新のスケジュール
ガイコツ全てのお問い合わせはコチラへどうぞ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ボンサンテ 服部律子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント