ちょっとマイルドな題材に…「ハガネの女」第4話 | 連ドラについてじっくり語るブログ

連ドラについてじっくり語るブログ

連続ドラマでこれは面白いという作品のみをマメにチェック!

その内容紹介、批評、さらに視聴率報告、ヒット分析など、あらゆる情報を

連ドラ好きの方々のために提供するブログです。


テーマ:
今回のシリーズは前シリーズにも増してシビアな題材が多かったので、見ていてツラい部分が多々ありましたが…





今回は1人の男の子をめぐる2人の女の子の恋のさや当てで…
初めて安心して見られるものとなり…





テレビ朝日 木曜21時
「ハガネの女」第4話



主演…吉瀬美智子
脚本…大石哲也
演出…常廣丈太





とはいえ…そこはハガネらしいというか…





ボクシングをやってる駿に近づく莉奈は、ただ好きで近づくだけでなく…





自分がかなえなかった夢を娘に押しつけようとする母親(国生さゆり)によって、




着飾ってモデルとかやらされ、学校よりそれが優先になっている…





お飾りの人形だと歯に衣着せぬ夏希に言われ、自分のやりたいことをしたいと…




駿の通うボクシングジムに入れてくださいと頼みこむのです。





カウンセラー(片岡愛之助)のアドバイスで、ハガネはそんな莉奈の思いの丈を、莉奈のスバーリング相手になりながらぶちまけさせます。





母親が陰から見ている前で…
国生のキツいステージママぶりが迫力ありました…





どうも水嶋(斎藤工)も親の言いなりで教師になったらしく、珍しく良いことを言ってました…





徐々に改心していきそうです…





それにしても駿くんは、初回から一貫して男前な言動を見せてます。





そりゃモテるわな…って感じで…





今回も石井萌々果が小悪魔的な笑みを浮かべてました…
なぜこの子が小ずるいのかは、その内フューチャーされるのでしょう…





今回の評価は…7

ドラマミタローさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス