去年長男のお友だち兄からもらった
ワンペア+もう一匹メスのカブトムシから
約30弱の卵がうまれが幼虫となり、冬を越えた。

結果、今出産ラッシュを迎えつつある。


飼育ケース4箱のうち1箱は
残念ながら土の上に出てしまった幼虫たちのために、人口蛹室を用意したもの。
いってみれば幼虫たちのカプセルホテル?だ。

ネットで調べ、材料はトイレットペーパー芯とキッチンペーパーを使った。
変化の様子を見れるよう、芯幅を1/3ほどカットしケースの壁沿いに設置。

今は4面どこをみてもサナギ。
角が奇形のオスや、
幼虫が脱皮してサナギになる様子
サナギが脱ぎ捨てた皮など、
子供たちでも分かるからこれはよかった。
というか、私がよかった。
忙しくても気づきやすくて便利!
なかなかナイスアイディアだったと 
自分を誉める。

そうこれらは、子供たちをダシにした
完全に私の趣味の世界。

やかましい男の子二人の育児におわれ、
趣味の植木や盆栽もどきたちへの水やりすら
ベランダに出る時間が取れず自然任せがち、
さらにこの1年半の間に 
飼っていた年子の猫×2+犬の三匹の介護と
半年ごとの旅立ち。
最後のお空へのお見送りを終えたのはまだつい先月のこと。

ほぼ初めての、人間しかいない空間での生活で
冬を勝手に越してくれたカブトムシたちが
今は唯一 何も考えず喜びをくれる。

だからこの4箱は幸せケースたち。

ただ、それがカブトムシ、というだけ。



にしても、意外と数が多くて
早くも気分は親というより生産業者(笑)
ネットで買ったカブトムシ用の土がドーンと届くとか、結構やばいな、私…って思ったり。

飼うのは1ペアにしよう。
誰かにあげるか、自然に返すとかできるといいな。

(この先、 写真あり。)











自転車

テーマ:

3才の誕生日に
祖父母に買ってもらった自転車。
先日 補助輪をはずし
スタンドをつけてもらった。


3才にはペダルが重くてこげなくて、
4才に何とか形になり、
5才半ばで補助輪をはずしたこの自転車。
きっと小学生になれば
今の模様は幼く思うだろうから
カッコいいのがほしいと言われるだろう。
それに、次の担い手である弟が
スマイルフェイスでスタンバイしているニコニコ
なので長男とは最後の一年、の姿かな。


今日は私の体調も久々によくて、
(最近の悩みの種の咳喘息も出ていない
&偏頭痛もない)
主人も仕事で夜ご飯もいらないときたら、
私にスイッチ入っちゃって。
車に自転車積んで
お昼ごはん片手に公園へ向かったハンバーガー


夏日で日陰もなかったけど、
愛ある超スパルタ指導で
1時間半共にがんばってみた。

ペットボトルは何本も空になり、
付き添いの弟も汗だくでちょこまか。
当の本人は
泣くわわめくわ、でも乗りたいわ。



でも結果的には何本も
10メール程度なら手を離してもいけたので、
(後ろから伴走して、
手離しがバレないように必死だった 笑)
近々一人で乗れるようになるとみている。


まだこぎ出しはふらつくけれど、
たくさんこいで
そこそこスピード出てしまえば安定する。
そのことがかけ声で伝わり、
ちゃんと体も反応する。

やはり成長しているんだ。
3才の頃とはちがうんだ。

助かる。
上達も早い。
けど少しさみしい。。?

複雑な気持ちを隠しながら
何往復もつきあった。




広がる景色があることを
多分知ってしまった。だろうな。
くれぐれも、
飛び出したり事故にあったりだけは
しませんように。




 (↑テーブルランナーにどれが合うかと思案する)


テキスタイルがどうとか
北欧がどうとか

そういうこと一切抜きにして
marimekkoが少しずつうちに入りだした
この半年。

もともと結婚当初から、
頂いた手作りファブリックパネルは
キッチンに飾ってある。

しかしそれがあるからmarimekko大好き!
ということにも特にならず、

高いなぁ~ 
ママバッグでここの持ってる人多いなぁ

とかその程度であった。



しかし、今はもう癒し。
見事にほしくなる、この頃。


今晩 主人に言われた一言で
理由がわかった気がした。

「最近思うよ、
女の子の子供がいないと
○○(←私の名前)はだめなんじゃない?って。」


母子でのご飯時に父が帰宅するわがや。
私は食べながらかなりの頻度で
おちゃらけている長男を注意している。
帰ってくるなりその光景しかないのだから
きっと主人も主人で、
分かるけどでもここまで毎日とはなぜだろう
と考えていたのかもしれない。


でも確かに、
姉妹きょうだいではない私だが
私の弟にはおそらくなかったであろう
あの長男のおちゃらけが妙ではある。

それでも幼い兄弟二人が、
特に弟が兄のそれに対して心のそこからケラケラ笑っていたりすると
あぁ二人して楽しいなら…と
思える。


そうこうして
気になってから30分は見なかったふりをし
1時間後には軽度の注意を入れ
1時間半後にはクレームを入れ
2時間後にはどっかん!

つまり私の釘指しは2時間全く効いていない。

ここでそろそろ夕飯どき。

お風呂が先でも後でも、
結局兄のそれはおさまることを知らず
母はキレる。



毎日それなら
癒しだって必要だ。

今から3人目云々よりも
ポチっとして癒しを目の前に入れた方が
ずっと効果的。

それに次が女の子とは限らない。
女の子だから癒されるとも限らない!

すでに3人のメンズ館、
そしてとっくに疎外感。


でもいいのだ。
私は自分で求めることが出来るから。


一姫であるがゆえの、
一姫らしい選択を、
誰にもとがめることはできないと
心のそこから思っている。

だから今はmarimekko。
たまたま今がmarimekko。

それが今日のenergyとなり、
明日の癒しとなる。



だからそう、
買わせてね??
女心の理解なんて無理に求めないかわりなら
随分とよい的があったものだよ。



なるべく平和に、
なるべく気楽に。

すこしでもそうあるための
marimekko。

そのうちテニスかジムでも再開して
体も健康的になるぞ~!

の前に、入院&手術かな(笑)
待ちが長いよ、何にしても。