寝ることは快楽か? | 『一隅を照らす』境地を目指して

『一隅を照らす』境地を目指して

川崎のIT企業ではたらく社長のブログです。日々のできごと、考えていることを書いています。


テーマ:

先日、社員Sとの会話の中で趣味も含め何をしている時が楽しいか?との話になった。

Sの持つ楽しみの中に「寝ること」があった。


特殊な意見でないことはわかるが、この気持ちだけは未だに1ミリも理解できない。


なぜなら私はできることなら眠りたくないと考えているからだ。

といいながらも、私は毎日十分な睡眠を取っているが、やっぱりできることなら眠りたくない。

寝ないと健康に悪いし、次の日の仕事に影響するので毎日仕方なく寝ている。


これは大学時代の影響を強く受けている。
大学時代は、毎日が楽しくて楽しくて仕方なかった。

昼は昼にできる遊びをやり、夜は夜にできる遊びをやった。

いつ寝てたかよく覚えてないが、夜に寝ることはほとんどなかったと思う。

あの頃は極端で常軌を逸していたと思う。

おかげで2年留年する羽目になった(涙)


遊びは学生で卒業したので、社会人となってからは仕事中心で生活している。

仕事は楽しいが、広範で奥が深いため心から楽しむには意外と時間がかかるものだ。

早くその境地にたどり着いてトップギアで生きていきたい。


人は誰しもいつの日か永遠の眠りにつくのであって、それまでは精一杯活動していたいと思うのだが、もしかしたら極端さはまだ抜けていないのかもしれない...



ボンズ田中さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス