ビンテージテントの輸入・販売のシャトーキャンプです。

 

この度、グランピング運営の方からのご依頼で、F.Domesという大きなテントの輸入代行をお手伝いさせて頂きました。

 

 

この半球体のようなドームテント、アメリカの建築家・リチャード・バックミンスター・フラーRichard Buckminster Fuller)が1947年に発明した「ジオデシック・ドーム」の概念を引き継ぎ、その理念をもっと広めたいとの思いから作られた「セルフビルト」のテントです。

 

F.Domesを開発した会社はもともと「Free Domes」という、もっと大きなイベント会場などで使われるドームテントを扱う会社です。

 

 

そして、同じ概念・世界観をもちつつも、大きさをよりコンパクトにしたものがF.Domesです。

 

 

ラインナップは、ClassicとGrampingがあり、大きな違いは丸い入り口のある場所です。

 

Classicは、透明な部分に丸い入り口があります。

 

 

そして、Grampingは、透明な部分はパノラマビューの様に残し、入り口を後ろに配置してあります。

 

 

Classic、 Grampingともに、直径2m・3m・4m・5m・7,5mとラインナップがあり、外幕の色、カーテンの色、内側壁のクッションマットの色も選べます。

 

 

また、薪ストーブにも対応。煙突の穴と、煙突部分をあらかじめセットして注文することができ、ストーブは一緒に購入することも、別にお好みのものを設置しても大丈夫です。

 

 

今回輸入をお手伝いするにあたり、少しでも依頼主さまの不安や心配をなくすために、事前のメールでの打ち合わせはもちろん、このF.Domesの工場を実際に視察し、組み立てのレクチャーなども受けてきました。

 

まだ日本未上陸の全く新しいドーム型テント、F.Domes、これからどんどん日本のグランピグサイトで活躍しそうな予感です。

 

詳しいスペックについてはF.DomesのHPへ(英語表記です)。

 

https://fdomes.com/

 

輸入についてのお問い合わせはボンコテ/シャトーキャンプまでお願い致します。

info@bon-cote.jp

054-335-0707
 

 

 

 

AD