人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。 

 

 

 

ネット(ヤフー)の調査結果

 

 

マスコミの調査結果

 

 

マスコミの調査結果

 

 

マスコミの調査結果

 

--------------------------------

【内部資料スクープ入手】自民党総裁選「党員調査結果」の衝撃 石破・河野一本化の舞台裏

新聞各紙は独自に自民党総裁選(9月17日告示、9月29日投開票)の世論調査を実施し、

 

〈石破氏、党員票の優勢崩れる…若手議員「河野氏の後じんでは厳しい」〉(読売新聞オンライン9月7日配信)、

「次の首相に、河野氏トップ31% 石破氏26%、岸田氏は18%」(東京新聞ウェブ版9月5日。共同通信調査)

 

などと「河野氏のトップ」を報じている。

 

しかし、総選挙と違って総裁選の選挙権を持つのは全国約113万人の自民党員・党友だ。一般有権者を対象にした新聞の世論調査は党員票の動向を正確に反映しているとは言えず、いわば国民の“人気投票”の域を出ない。

 

実は、もっと正確な調査がある。本誌・週刊ポストが入手したのは、自民党がさる9月4日、党員・党友を対象に実施した総裁選の情勢調査の結果をまとめた資料だ。

 

結論から言えば、党員の支持1位は石破氏。東京、千葉、埼玉など31都道府県で単独トップに立ち、全体の得票率は29%だ。

2位は河野氏で地元の神奈川、大阪など8府県で単独トップ(全体の得票率21%)、3位の岸田氏は地元の広島、福岡など4県で単独トップ(同19%)、4位が高市氏で地元・奈良で単独トップ(同8%)、以下は5位野田氏(1%)、6位下村氏(0%)の順だ。新聞の世論調査とはかなり違う結果だ。

(令和3年9月10日 NEWSポストセブン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1cd0738d2ac6f5bd622104a46949acef240353c0?page=1

--------------------------------

 

今、自民党総裁選の世論調査があちこちで行われている。

 

テレビなどマスコミは「河野太郎」が1位。

 

しかしネットの調査では「高市早苗」が1位である。

 

この違いは何なのか?

 

マスコミ調査は過去に不正のインチキもあるので信用は出来ないが、万が一正しかったとしても、これらの調査は党員以外の投票権のない人も含む一般人への調査なので、正確を期すために投票権のある党員に調査したのが上にある記事だという。

 

それによれば「石破茂」が1位で、「河野太郎」は2位、「高市早苗」は4位である。

 

党員は以前から「石破」が多く、議員票は「石破」が人気ないので少ない。

 

ただ大事なのは、今の日本が行き詰っているのは”戦後体制”にある。

 

戦後体制の日本国を打破していくパワーのある人が総理にならなければ日本は変わらない。

 

逆に戦後体制を変える気もなく当たり前の人が、その中であれこれ変えても結局は戦後体制には変わりない。

 

今、候補者の中で戦後体制を変えていく発言をしているのは「高市」だけである。

 

この国家観の違いは大きい。

 

それを「石破」「河野」「岸田」を選ぶのは何を見ているかということだ。

 

自民党を立ち直らせる可能性を持つのは高市総裁の誕生である。

 

それを後押しをするのは世論の声を気にする自民党、つまり「高市総理になったら自民党員になる」と言うことだ。

 

党員が増えるなら民意として自民党も動かざるをえまい。

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

マスコミの世論調査は信用できない、と思った方はここをポチッとお願いします。