人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。 

 

https://twitter.com/ganaha_masako/status/1415963964005969920

 

------------------------------

表現の不自由展、まさかの入場を拒否される【前半】

人権、差別、表現の自由、権利、これらの言葉が悪用され世の中がおかしくなってしまっています。今回は”芸術”というカモフラージュで、反日の一線を越えた展示会が行われました。

 

2021年7月16日~18日、「表現の不自由展」が大阪で開かれました。あいちトリエンナーレに引き続き昭和天皇の御真影がバーナーで燃やされるという恐ろしい”作品”なるものも展示されるということが話題となり、私も実際にどういう展示物なのかを見る為に大阪にやってきました。

(中略)

マスコミはイベントに対する脅迫に関して重点を置いた報道をし、その内容自体の問題性は二の次でした。

 

私が会場に着いたのは、初日16日(金)の夕方頃。コロナ対策の関係もあり1時間あたり50名、1日500名の入場制限がかけられていました。

 

午前9時から整理券が配られ始めますが、私が到着した頃には当日の整理券は配布終了となっていました。

(中略)

入口前で一緒に来ていた南木倶楽部の南木隆治先生と「明日早く来て並びますかね~」と雑談をしていました。

(中略)

「では明日また来ましょう、今日は帰りますか」というタイミングで、先程まで入口にいたボランティアスタッフの男性がいきなり私達二人を名指しで呼び、「入場を拒否します」と宣言したのです。耳を疑いました。「あなた達がしていることが良く分かりました」というのです。

(中略)

「これは主催者の公式な見解ですか」と問うと、その男性は建物に戻り弁護士を連れてくると言います。

そうしてやってきた弁護士はまた「入場を拒否する」と述べます。

 

私達が展示会の見学をしたいだけだと述べても「あなた達は問題を起こしに来たんでしょう」と一方的に述べ「明日来ても整理券はあなた達には配布しません」と断言しました。

(令和3年7月20日 我那覇真子ブログ)

https://note.com/masakoganaha/n/nc49106abed5b

------------------------------

 

我那覇さんが大阪の「表現の不自由展」に行くと入場が拒否された。

 

入場の自由はないらしい。

 

しかし「表現の不自由展」のホームページにはこう書かれている。

 

≪「表現の自由」とは、表現する者の自由、観客の知る自由、そして、作品と観客、観客と観客、作家と観客の「表現の伝達と交流の場」の実現を含むということである。≫

https://fujiyuten.com/whatis/

 

しかし実際には「観客の知る自由」はなかった。

 

「自由」と謳っていながら彼らのやっていることは「不自由」なのである。

 

またこうも書かれている。

 

≪双方向の〈表現の伝達と交流の場〉が確保されてこそ「表現の自由」が守られているという観点は、ヘイトスピーチや性暴力的表現なども「表現の自由」だという主張が成り立たないことの、有効な論証になるだろう。

他者を傷つけるものには「表現の自由」は担保されないし、表現そのものの暴力性を問うことを手放さないことを心に留めつつ、「表現の自由」を侵害する事象がまだまだ続く日本社会で、何が起きているのかを可視化し、事実解明をしていく。≫

 

ヘイトスピーチや性暴力的表現は表現の自由ではない、つまり他者を傷つけるものは「表現の自由はない」という。

 

これが彼ら反日パヨクの身勝手で、國體を知らない、日本人ではない、言い分である。

 

天皇陛下の御写真を燃やして足で踏みつけることは他者(=日本人)を傷つけることであり、日本国を毀損する國體破壊である。

 

彼らの言い分で言うと、これは「表現の自由」がないことになる。

 

一方、彼らが言っている「ヘイトスピーチ」と言うのは在日に対して「帰れ」が「憎悪」だと思っているらしいが、「帰れ」は「憎悪」ではなく素直な気持ちで「本心」を言っているだけである。

 

言っている本人が憎悪ではなくて同じ日本人を守るための「帰れ」という。

 

「朝鮮に帰れ!」は憎悪ではなく本当のことだからヘイトスピーチにはならない。

 

朝鮮に帰ってくれれば日本の治安は格段によくなる。

 

我々日本人が望んでいるのは「平和」である。

 

日本の平和には帰ってもらうしかない。

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

自由が不自由な「反日自由展」、と思った方はここをポチッとお願いします。

                               

 

 

 

【新著紹介】

『正伝 出光佐三 日本を愛した経営者の神髄』

(展転社)