人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。 

 

 

 

 

------------------------------

【詳報】学校関係者に新型コロナ感染者 米子松蔭が夏の高校野球鳥取大会出場辞退

鳥取県米子市の米子松蔭高校は17日、学校関係者1人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたため、現在、米子市で開催されている、夏の高校野球鳥取大会への出場を辞退しました。

 

鳥取大会は17日、2回戦3試合が行われ、米子松蔭高校は第1試合で、境高校と対戦する予定でした。米子松蔭高校の出場辞退により、境高校が不戦勝となりました。

 

球場で会見した米子松蔭高校の長﨑成輝校長は、「生徒たちには決定を伝えたが、泣き崩れていた」と、部員たちの様子を語りました。

 

米子松蔭高校は春の県大会で優勝していて、この夏の鳥取大会では第1シードでした。

 

また、大会の主催者は、当初準々決勝から一般客を入れることにしていましたが、県内の新型コロナウイルスの感染状況をふまえ、準々決勝以降も無観客にすることを決めました。

(令和3年7月17日 BSS山陰放送)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9bd6f91f3b6b5c418fb17f22e12e25f1bd868fd0

------------------------------

 

学校関係者一人が武漢ウィルスに感染したため、夏の高校野球の出場を辞退した米子松陰高校。

 

生徒達は「泣き崩れていた」という。

 

当然である。

 

しかも春の県大会では優勝して、夏は第一シードである。

 

夏を目指して頑張ってきたのに武漢ウィルス一人で出場しない決定はおかしい。

 

これでは感染した当事者も「自分のせいで」と肩身は狭いであろう。

 

さざ波の日本で、外国人さえ入国させなければ変異種もなく、感染者も死者も世界的に見ても非常に少ない日本で、いつまでも指定感染症を2類にしてワクチンを儲けさせる厚労省。

 

武漢ウィルスを「煽れ」という指示で煽り続けてきたマスコミ。

 

この事実を真っ向から見ずに、時短や緊急事態しか対策が出来ない無能な政治。

 

この結果、無症状や風邪程度が98%の武漢ウィルスがエボラ出血熱並みの扱いである。

 

こういう過剰な対応が子供達の夢や希望を奪っているのだ。

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

武漢ウィルス一人で夏の大会辞退はやり過ぎだ、と思った方はここをポチッとお願いします。

                               

 

 

 

【新著紹介】

『正伝 出光佐三 日本を愛した経営者の神髄』

(展転社)