人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。 

 

 

 

 

 

櫻井よし子女史の『言論テレビ』で「第417回放送 緊急特番『日本学術会議の闇を暴く!』」(令和2年10月16日)を放送した。

 

-----------------------------

奈良林直:「2016年から防衛省の工部研究を大学に門戸を開いた。額が大きくなってどんどん応募して下さいと。北海道大学のM先生はこの研究で自衛隊の艦船の燃費を減らせるとの提案書を出して、日本は四方が海ですからたくさんの自衛艦があり、これは自衛隊にとっても大切な研究ということで、3年間で3千万円くらいの予算がついて、M先生は大変喜んでいた」

 

櫻井よし子:そこに学術会議がやって来てダメだと言った

 

奈良林直:そうです。そしてNHK『クローズアップ現代』で『大学が軍事研究を始めた』と放送した。それから朝日新聞が同じようにいっぱい書き立てて、3年の研究を2年にしたりしていましたが、最終的には総長判断で辞退した」。

・・・・・。

 

櫻井よし子:「リニアコライダーの重要性は?」

 

奈良林直:「リニアコライダーは超電導の加速器を使います。超電導とはリニアモーターカーとかいろんな用途がある最先端の技術で、電子と陽電子の二つがぶつかると消滅するが莫大なエネルギーが出るんです。それを直線の加速器を2本並べて、奥羽山脈の麓に長大な20キロくらいのトンネルを掘って、加速して衝突させます。

 

 

そうすると宇宙創成の一兆億分の一くらいのビッグバンの状況が再現できる。その新しい物理現象で宇宙創成期が解明できるということで、国際的な期待で日本はリーダーシップを取ってやるぞという時に、日本学術会議はこれを支持しないと言ってきた。それで一時は苦境に落ちたが、今は頑張っていて、準備センターをつくって、国際的連携が出来て、数千億円の10分の一を日本が負担して、各国がお金を出してくる状況に変わってきた」

 

櫻井よし子:日本学術会議と戦っているんですね

 

奈良林直:「そうです。学術会議がリニアコライダーを支持できないという声明を出していますが、その80%の記述は誤記だとその先生は仰っています。つまり学術会議の中で正しい審査が出来ていないんです

-----------------------------

 

奈良林直 北大名誉教授が日本学術会議の闇を暴露した。

 

日本学術会議と日本共産党の密接な関係は知られているが、さらにNHKや朝日新聞などの反日マスコミと連携して日本の学者の研究を「軍事研究」と言って潰してきた。

 

これで日本が損なった国益や防衛力は計り知れない。

 

また世界最先端のリニアコライダーによる「宇宙創成期の解明」も、日本学術会議が間違った認識で邪魔して潰そうとしたが、これは各国がお金を出し合って日本学術会議と戦っているという。

 

日本の最先端の技術を次々妨害して、技術立国を阻止しているのが日本学術会議である。

 

「日本妨害会議」と名前を変えた方がいいのではないか?

 

しかもその妨害がシナの軍事技術に寄与するとなると国賊集団で、許しておくわけにはいかない。

 

公安当局は日本学術会議のスパイ工作員は把握しているはずである。

 

把握していても、逮捕して徹底的に取り調べして、スパイ網やシナとの繋がりやその指令を明らかにさせなければいけない。

 

もちろん国を売った彼らは「死刑」でいい。

 

シナの工作の実態を解明して、世界中にそれを暴露してやるべきである。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています

日本学術会議がなければ日本の技術はものすごい発展をしていた、と思った方はここをポチッとお願いします。