人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

その数分後

 

 

 

 

30日間、フェイスブックの投稿やコメントが停止された。

 

シナ寄りのフェイスブックは「シナ」という言葉を一方的に「ヘイトスピーチ」「侮辱」にしている。

 

しかし日本の占領憲法には「表現の自由は保障される」とあるので明らかに占領憲法に違反している。

 

良識ある日本人はご存じの通り「シナ」という言葉は侮辱でもヘイトスピーチでもない。

 

英語の「チャイナ」も東南アジアの「チナ」「チーナ」も「シナ」と同じである。

 

むしろ「中国」(=シナでは『自分にとって大切な国』という意味)と言わされている日本人こそ侮辱である。

 

仮に「シナ」がヘイトスピーチならば「チャイナ」もヘイトスピーチや侮辱にしなければ辻褄が合わないが、ヘイトスピーチにされているのは日本人が使う「シナ」だけである。

 

これこそ日本人に対する偏見や差別であり、こんな一方的なことは聞いていられない。

 

日本のシナ化はまっぴらごめんである。

 

だから今後も「シナ」を使う。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています

ふざけるなフェイスブック、と思った方はここをポチッとお願いします。

                                            

 

 

保守の会では会員を募集しております。

ご入会の問い合わせは「保守の会本部」までお気軽にご連絡ください。

http://hosyunokai.com/nyukai

 

 

「保守の会会長 松山昭彦 さくらの花びらの日本人よ誇りを持とう」の

ツイッターの応援もよろしくお願いします。

https://twitter.com/o5MeGSOQ1yac5pg

 

「保守の会会長 松山昭彦」のフェイスブックもよろしくお願いします

FBからヘイトスピーチ投稿をしたと現在30日間の使用停止)。

https://www.facebook.com/suikourou

 

 

【新刊紹介】

保守の会顧問の歴史学者の福地惇先生は、何度も著書を出版する機会があったが、すべて潰されてきた。以前、福地惇先生が文部教科書調査官の時に「南京事件などなかったのに教科書は嘘を教えている」と発言したら調査官をクビにされた。歴史学者として真実を発言したら消されてしまう、それを身をもって体験した福地先生。今回、ようやく出版することが出来た渾身の一冊である。