人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 


 

----------------------------

NHK映らず契約義務なし 加工テレビで東京地裁

NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した東京都内の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を認めた

 

NHKは、電波を増幅するブースターを取り付けたり、工具を使って復元したりすれば、放送を受信できると主張したが、小川理津子裁判長は「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」と退けた

 

判決によると、受信料制度に批判的な考えを持っていた女性は、NHKの放送信号を減衰するフィルターを作っていた大学准教授に連絡。准教授は、インターネットオークションを通じて3千円で購入したテレビにフィルターを組み込み、女性に販売した。

NHK広報局は「判決の内容を精査し、今後の対応を検討する」としている。

(令和2626日 産経新聞)

https://www.sankei.com/affairs/news/200626/afr2006260035-n1.html

----------------------------

 

NHKの受信料の強制徴収に納得いかない国民は多くいる。

 

にもかかわらず「皆さまのNHKは、国民の納得いかないことをまったくやめようとしない。

 

なぜなら「皆さま」のことよりも「受信料」が最優先であり、「皆さまは口出しせずに金だけ出していればいい」としか思っていないからである。

 

NHKは国民から年間7000億円もの莫大な受信料を税金のように取りまくって、やっていることと言えば、偏向反日放送のやりたい放題、NHK職員による膨大な数におよぶ犯罪、シナの広告塔、平均年収1700万もの高収入、子会社NHKエンタープライズなどさらなる年収増の天下り先まで用意されている。

 

そして国民のみなさまの声は聞き流してまったく聞く耳を持たない。

 

この「傲慢」なNHKに受信料を払いたくないと思うのは当然の国民感情である。

 

そういう意味では「NHKの放送だけ映らない加工をしたテレビを購入するとNHKと受信契約を結ぶ義務がない」という今回の東京地裁の判決は国民感情に合った判決である。

 

NHKが国民の声(=受信料徴収を止めて、視たい人がお金を払ってみるスクランブル化)を聞き入れないので、国民側が動いてようやく受信料契約をしなくてすむ方法が出来た。

 

このNHKを「ぶっ潰す」と言っていた人がいて、当初は賛同した人もいたようだが、口先だけでやることと言えば脅ししかできない「口だけ番長」と気づいてきたので、良識ある人は誰も相手にしなくなった。

 

https://twitter.com/NikoNe_san_2525/status/1276473619028144129

 

 

 

本来は、自民党がしっかりとNHK改革をやっていれば、N国のようなパフォーマンスだけのアホな政党は出てこなかった。

 

その辺は自民党は政権政党として猛省しなければいけない。

 

そしてスクランブル化をはじめ数々の腐敗し切ったNHKを改革、場合によっては解体して国営化していくべきである。

 

反日と捏造で先人達を貶め続けるNHKに受信料を払いたくない人、NHKの反日資金源となっている受信料収入激減のためにも、NHKが映らないテレビにしよう。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

NHKが映らないテレビにする、と思った方はここをポチッとお願いします。

                                            

 

 

 

 

「保守の会会長 松山昭彦 さくらの花びらの日本人よ誇りを持とう」の

ツイッターの応援もよろしくお願いします。

https://twitter.com/o5MeGSOQ1yac5pg

 

「保守の会会長 松山昭彦」のフェイスブックもよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/suikourou