人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 


 

-------------------------

兵庫県が中国にマスク100万枚発送

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県は姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送りました。

 

新型コロナウイルスによる肺炎が拡大し、中国本土では感染者が39000人を超え、マスクなどの不足が深刻化しています。

 

1月末に在大阪中国総領事館から兵庫県にマスクや消毒液、防護服などの支援要請があり、県は災害に備えて三木総合防災公園に備蓄しているマスク120万枚のうちおよそ100万枚を姉妹都市の中国の広東省と海南省に送ることを決定。

 

県は今後マスクや消毒液など衛生用品のメーカーを紹介するなど、支援を続けたいとしています。

(令和2210日 サンテレビ)

-------------------------

 

昨日の記事と重複するが、このことは書かざるを得ない。

 

「中国本土でマスクなどの不足が深刻化」しているからと、兵庫県は備蓄マスク120万枚のうち100万枚をシナに送った。

 

しかし、マスク不足が深刻化しているのは日本も同じである。

 

もし新型コロナウィルスの感染が日本で拡大した場合、兵庫県は県民にマスクを配布できないが、その場合、どうするのか?

 

まさかシナに送ったマスクを「返してくれ」とでも言うのか?

 

シナ人は自分達が不足しているものを日本に送ることはしない。

 

ましてコロナウィルス発祥のシナに送ったマスクなど日本人は使えるか?

 

後先も考えずにシナを優先して日本人を犠牲にする。

 

しかも見るところ県の職員にはマスクが行き渡っているが、自分達は備蓄マスクを配布して、県民には配布しないのか?

 

これでは税金を払っている県民は納得しないだろう。

 

-------------------------

自民・二階幹事長「隣国に支援するのは当然」、支援金集め中国に寄付へ

自民党の二階俊博幹事長は10日の記者会見で、新型コロナウイルスへの対応に役立ててもらうため、党所属国会議員の3月歳費から一律5000円を集めて中国側に寄付する考えを示した。二階氏は「常に友好関係にある隣国に何かがあった場合、支援するのは当然のことだ」と述べた。

(令和2210日 産経新聞)

-------------------------

 

二階は幹事長という立場をフルに利用して、自民党国会議員は3月から一律5000円を徴収してシナに寄付するという。

 

アホか!

 

二階は「常に友好関係にある隣国に何かがあった場合、支援するのは当然のことだ」と言った。

 

二階の頭の中はシナへの忠誠しかない。

 

日本人は犠牲にしてでもシナに尽くす。これが二階の政治信念である。

 

しかしシナは、二階や日本中の自治体が、いくら支援を尽くしても、そのお返しはこれである。

 

 

シナに配慮すればするほど、日本は舐められる。

 

これがわからない日本の行政や政治家が多い。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

もういい加減にしてくれ、と思った方はここをポチッとお願いします。

                                   

 

 

【保守の会 講演会のご案内】